イザメシの「あんこ餅」「黒みつきなこ餅」

豊富なラインナップが魅力の長期保存食『IZAMESHI(イザメシ)』シリーズ。以前ご紹介した「煮込みハンバーグ」「ぶり大根」「しっかりおでん」に続き、今回は“おやつ系”を実食レビューします。

購入したのは「あんこ餅」と「黒みつきなこ餅」。どちらも賞味期限は製造から3年となっています。価格は各432円(税込)。

イザメシの「あんこ餅」「黒みつきなこ餅」
スタイリッシュなパッケージ

作り方

【あんこ餅】
1.トレーの中の乾燥もちをとりだし、外袋へ入れます。 取り出したトレーの片側に、もどし水のおよそ半分(約40cc)を入れます。

イザメシの「あんこ餅」
袋の中に入っているもの

2.乾燥もちを重ねないように約1分間、完全に水に浸します。

イザメシの「あんこ餅」
もちが水を吸い込んで足りなくなったら、新しくつぎたします

3.もち全体に水がしみこんだら、はしでもちを別皿にうつします。

4.片側のトレーに添付のあん顆粒を入れ、小さじ一杯(約5cc)注いでよく混ぜます。もちをあんにつけて楽しみます。

イザメシの「あんこ餅」
顆粒に水を加えると

イザメシの「あんこ餅」
とろっとしたあんが完成

【黒みつきなこ餅】
もちを水でもどすところまでは同じ。添付の黒みつときなこをかければ完成です。

お味は…?

餅は柔らかくてもっちり。乾燥していたとは思えないほどトロンとなめらかな口あたりです。さすがにつきたてのお餅そっくりとはいきませんが、期待以上です。

イザメシの「あんこ餅」
もちもち

あんはまったりとした濃い甘み。水を入れすぎるとあんがゆるくなり味も薄まるので、調整しながら水を加えるのがポイントです。

黒みつきなこはコクのある甘み。口にする度にきなこの香ばしさがふわっと広がります。たっぷりかけて食べられるのがうれしい。

イザメシの「黒みつきなこ餅」
保存食とは思えない

“いざ”という時でも、栄養をとるための食事以外に少し甘いものを口にするとホッとしますよね。主食やおかずと合わせて、保存食のラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。