コンビニ3社のコロッケ
左手奥からセブン、ファミマ、ローソンのコロッケ。台風だしね。

「台風コロッケ」を覚えているだろうか。台風の日にはコロッケを買って備えよう、というインターネット発の流行だ。ふと思い出し、こんな日だからとセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのコロッケを食べ比べてみた。

「台風コロッケやってません」

台風コロッケといえば2017年にはちょっとした話題になり、一部のスーパーマーケットチェーンでも特売になった。そこで台風が近づく7月の週末、お店に電話で「今年もセールはやっていますか?」と聞いてみた。でも答えは「やっていません。当面予定はありません」というもの。

ややがっかりしたが、台風コロッケはもともと大がかりなもよおしではなく、個人でささやかに楽しむ遊び。勝手にやらせてもらおうと、セブン-イレブンの「ほくじゃが牛肉コロッケ」(90円、税込、以下同じ)、ファミリーマートの「ファミコロ」(80円)、ローソンの「おかずコロッケ」(80円)をそれぞれ買ってきた。

コンビニ3社のコロッケ
ファミチキの袋に入っているのも中身はコロッケです

コンビニ3社のコロッケ食べ比べ
左からセブン、ファミマ、ローソンのコロッケ

コンビニのコロッケそのものは冬場など小腹が空いたときよく買うが、いつも1口か2口、所要時間30秒~1分で完食しているため、初めてじっくり味わって比べてみることにした。

セブンのほくじゃが牛肉コロッケ

セブンのほくじゃが牛肉コロッケ
セブン-イレブンの「ほくじゃが牛肉コロッケ」イモがかたまりでゴロゴロ

まずセブン-イレブンのほくじゃが牛肉コロッケ。ジャガイモの味がしっかりするのが特徴。ごろごろしたイモがかたまりで入っている。黒コショウも利いていて、牛肉の風味も主張してくる。衣はサクサク。もともと揚げてまもなかったようだが、オーブントースターにかけたのでさらにいい歯ざわりだった。

イモ、そして肉をしっかり食べているなという印象だ。ついてきたソースはかけてもかけなくても楽しめる。どちらかといえばかけない方が素材の味が分かりやすくて好みだった。

ファミマのファミコロ

ファミマの「ファミコロ」
ファミマの「ファミコロ」はお総菜らしい味

ファミリーマートのファミコロはイモがよく潰してある。なぜか「ファミチキ」の袋に入れてくれたのはご愛敬。一口試すと、和食の「肉じゃが」を連想させるようなしっかりした味つけに、どこかお総菜のように感じるが、しかし家庭の味というには垢抜けていて、やはり外で手軽にかじりやすい印象。

衣はこちらもサクサク。添付のソースにとてもよく合った。コロッケそのものの味つけがソースに負けず、うまくバランスがとれるのかもしれない。

ローソンのおかずコロッケ

ローソンの「おかずコロッケ」
ローソンの「おかずコロッケ」は洋食の印象

ローソンのおかずコロッケは、その名の通り味つけのしっかりしたコロッケだが、お総菜というよりどこか洋食という感じを受けた。イモは小さなかたまりで入れてるが、あまり主張しないように抑えている印象。

衣のサクサク具合はほかのチェーンのコロッケと並ぶ。今時のコンビニコロッケはみんなこうなのだろうか。買ったタイミングがよかったのかもしれない。ソースには合うが、かける前とかけた後では違った印象になる。かけたあとは、ご飯が欲しくなる風味に。あるいはバンズにレタスやトマトと一緒にはさんでもいい。

どれも甲乙つけがたくおいしいが、強いて1番を挙げるなら、ファミコロの肉じゃが風の味つけが好ましかった。

もっとも、いずれのコロッケでも、遠出できない日に近くのコンビニで買って、窓にあたる雨をながめながらひとつかじれば、軽い気晴らしになるのは間違いない。