コンビニ焼おにぎり食べ比べ

小腹が空いた時に頼りになる「焼おにぎり」。コンビニでも冷凍タイプが気軽に手に入りますが、味に違いはあるのでしょうか?セブン、ローソン、ファミマで食べ比べた結果をご紹介します。

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

それぞれ商品名は次の通り。

セブン:香ばしい焼おにぎり
ローソン:外はカリっと中はふっくら焼き上げた焼おにぎり
ファミマ:お母さん食堂 焼おにぎり

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

全て2個入り、価格は170円(税込)でした。中身が1個ずつトレーに入っており、そのまま電子レンジで加熱できる点も同じ。

セブンの焼おにぎり

北海道産米を使用。醤油とかつお風味を控えめに、みりんを加えて炊き上げてあります。やや丸みのあるフォルムが特徴。

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

3種の中で一番味付けが濃く、甘さも強め。表面だけでなく内側のご飯にもほんのり味付きなのが特徴。パンチのある味で止まらなくなる…。甘じょっぱい系の味が好きな人はハマるはず。炊き具合はややしっかりめ。

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

ローソンの焼おにぎり

長期熟成吟醸醤油を使用。風味豊かに焼き上げられています。他2種に比べ色白。

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

セブンとは対照的に、甘さは控えめでだしのうまみが引き立つ味わい。塩気も抑え気味で香ばしさが前面に来ます。ふっくらと炊かれたご飯も相まってやさしい印象。テイクアウト食の味付けを濃く感じがちな人におすすめです。

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

ファミマの焼おにぎり

枕崎産のかつお節の出汁を使用。香ばしい焼き色が付けられています。

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

味は一番スタンダードな印象。外側はカリっと香ばしく、内側はもっちりとしたコントラストが楽しめます。甘じょっぱさのバランス、濃さもほどよい。万人受けしそうな味わいです。

コンビニ焼おにぎり食べ比べ

どれもおいしいけれど、食べ比べると個性が浮き彫りになるコンビニの焼おにぎり。寒い季節はおやつにもぴったり!好みに合いそうな商品からぜひお試しください。

コンビニ焼おにぎり食べ比べ