オッジ「ショコラ デ ショコラ」と「オレンジピール」

深いブルーが目を引く洋菓子店「OGGI(オッジ)」。東京・目黒の本店のほか百貨店や空港などでも展開されている歴史あるお店です。

オッジの目黒本店
目黒本店

同店の看板商品は「ショコラ デ ショコラ」。創業者が飛行機で隣り合わせた女性にもらったチョコレートケーキのおいしさに感動し、レシピを追求してつくられたのだとか。チョコレートにバターや小麦粉、シナモンパウダー、ホワイトペッパーなどを合わせて焼き上げられています。

今回はショコラ デ ショコラのミニサイズ「プティ ショコラ(プレーン)」を購入。価格は1,000円(税別)。

オッジ「ショコラ デ ショコラ」
高級感のあるパッケージ

冷蔵庫でよく冷やし、1cm幅にスライスして食べるのがおすすめだそう。小ぶりながらもずっしりとしており、ナイフを持つ手にも力が入ります。

オッジ「ショコラ デ ショコラ」
食べる前に2~3時間冷やして

まるでチョコレートをギュッとかためたような重厚感。なのに口どけはとっても繊細で、なめらかにほどけていきます。生チョコともブラウニーとも違う独特の食感。

オッジ「ショコラ デ ショコラ」
生菓子のような口どけ

口いっぱいに広がるのはカカオの上質な旨み。バターのコクが贅沢感を押し上げます。濃厚ながらもあと口はほんのりスパイシー。甘く香るシナモンと、さわやかなホワイトペッパーが絡み合ったクセになる味わいです。

粗びきのコショウを合わせてもおいしいとのこと。ピリッとした辛みが加わって、より大人好みの味わいに。お酒のおつまみにもぴったりです。

オッジ「ショコラ デ ショコラ」
ワインと合いそう

電子レンジで少し温めると、ねっとり濃密な口どけへ変化。スパイスの香りとチョコの甘みもよりくっきりと感じられます。

合わせて、もうひとつの人気商品「オレンジピール」も購入。じっくり煮てシロップに漬け込んだバレンシアオレンジが、チョコレートでコーティングされています。価格は630円(税別)。

オッジ「オレンジピール」
つまみやすいサイズ

カリッと心地よい歯触りのチョコと、ほろっとしたオレンジピールが相性抜群。オレンジピールってかための食感のものが多いですが、これはマーマレードみたいにやわらか。チョコをまとったオレンジのさわやかな甘みが口内を満たします。柑橘らしい苦みもきいていて、とても風味豊か。

オッジ「オレンジピール」
食感の違いが◎

特別な日にじっくり味わって食べたいオッジのスイーツ。チョコレートの奥深い世界が堪能できますよ。