ロボットがコーヒーを提供する「変なカフェ」
ロボットが“本格コーヒー”を提供

ロボットがコーヒーを提供する「変なカフェ」が2月1日、渋谷モディの地下1階 H.I.S.渋谷本店内にオープンします。

変なカフェは、人との共同作業を可能とするロボット「協働ロボット」が本格ドリップコーヒーの提供を行う“ロボットカフェ”。コーヒー1杯あたりに要する時間は、ドリップコーヒーが3~4分、それ以外のメニューは2~3分が目安です。

ロボットがコーヒーを提供する「変なカフェ」
手際よさそう!

ドリップコーヒーは、生産者の顔が見える農園指定のコーヒー豆「パートナーズコーヒー」のみを使用。ブラジル、グアテマラ、エチオピアの豆をブレンドし、2段階の焙煎でしっかりとした味わいが特徴だそう。

一方エスプレッソコーヒーは、ブラジル、コロンビア、インドネシアの豆をブレンドし、一回の焙煎で程よい苦みと深いコクが味わえる仕立てだとか。

ロボットがコーヒーを提供する「変なカフェ」
お好みのコーヒーをオーダーして

提供メニューは7種類。一覧は次のとおり。

本格ドリップコーヒー 320円(Mサイズ・税込、以下同じ)
アメリカーノ 290円
カフェラテ 380円
カプチーノ 380円
ココア 380円
カフェモカ 410円
抹茶ラテ 410円

店舗所在地は、東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディB1F。営業時間は11時~21時。