スターバックスのアイスビレッジ

スターバックス コーヒー ジャパンは、カップやリッド、カトラリーなど使い捨て資材削減を目指す4つの施策を、2022年春に開始および拡大します。

スターバックス アイスビバレッジを店内用グラスで提供

フラペチーノなどのアイスビバレッジを店内利用する際、樹脂製のグラスで提供する取り組みを、国内106店舗で試験導入。都内数店舗でトライアル運用していた本施策の実験店舗を拡大し、リユースの選択肢を増やすことで使い捨てカップの更なる削減を目指します。

スターバックスのアイスビレッジ

・ 開始日:4月18日
・ 実施店舗:国内のスターバックス106店舗
・ 対象ビバレッジ:店内利用時のフラペチーノを含むすべてのアイスビバレッジ(ショート/トール)

※ 一部の店舗ではグランデ、ベンティサイズの提供も可能。
※ 希望の場合は使い捨てカップでの提供も可能。

スターバックス カップ循環プログラムのエリア拡大

昨年秋より丸の内エリア10店舗で実証実験を開始した、カップを「借りて・返して・再利用する」循環型プログラムの対象店舗を、渋谷エリアのスターバックス9店舗にも拡大。繰り返し使える耐久性のある貸出カップでドリンクを提供し、店舗に返却、パートナー企業での洗浄を経て再利用する仕組みです。

スターバックス カップ循環プログラム

TO GO(持ち帰り)時に発生する使い捨てカップ削減を目指すもの。昨年以降、トライアル運用とお客の声の分析を続けていました。現在は利便性向上を目指し、韓国、シンガポール、イギリスなど世界各地で同様のコンセプトのもとプログラムの検証を行っています。

・ 開始日:4月4日
・ 実施店舗:渋谷エリアのスターバックス以下9店舗
渋谷公園通り店/渋谷パルコ店/MIYASHITA PARK店/渋谷cocoti店/渋谷モディ店/渋谷文化村通り店/神宮前6丁目店/SHIBUYA TSUTAYA店。※ 渋谷ファイヤー通り店はカップ返却のみ対応。

スターバックス アイスビバレッジのリッドなし提供

アイスビバレッジを店内利用する際、リッドをせずに提供する取り組みを、国内113店舗で先行導入し、2022年夏頃の全国展開を目指します。スターバックスは2020年11月より、ストロー不要のリッドでビバレッジを提供。この取り組みをさらに進め、使い捨てのプラスチック製リッド自体の削減も目指します。持ち運びの利便性や、やけどの恐れなどから、ホットビバレッジとTO GO時はリッド付きで提供。

スターバックスのアイスビバレッジ

・ 開始日:4月18日
・ 実施店舗:国内のスターバックス113店舗
・ 対象ビバレッジ:店内利用時のフラペチーノを含むアイスビバレッジ(子ども用ビバレッジを除く)

※ 希望の場合はリッド付きでの提供も可能。

スターバックス リユーザブルカトラリーと100%植物由来素材のカトラリー提供

全国のスターバックス店舗で提供しているフォークやナイフなどのカトラリーについて、リユースの選択肢の追加、資材の切り替えを実施。これらの変更により、使い捨てカトラリー使用量を年間最大約44%の削減につなげると共に、年間約60トンの石油由来のプラスチック削減を見込みます。

スターバックスのリユーザブルカトラリー

<店内利用時の対応>
現在も使用中のステンレス製フォーク、ステンレス製ナイフに加え、ステンレス製ヨーグルト用スプーンも導入。リユース可能なカトラリーでの提供を徹底します。

スターバックスのリユーザブルカトラリー

・ 対象資材:フォーク/ナイフ/ヨーグルト用スプーン(店内樹脂製グラス導入店舗ではステンレス製マドラースプーンも導入)
・ 切替スケジュール:3月末頃から順次切り替え
・ 実施店舗:全国のスターバックス店舗

<TO GO時の対応>
ポリスチレン製の従来品に代えて、100%植物由来で、海水中で生分解する認証「OK Biodegradable MARINE(※)」を取得している “Green Planet”製カトラリーをTO GO用カトラリーとして新たに導入。

※ 海水中(30℃)で、生分解度が6か月以内に90%以上になること。ベルギーに本部を置く、国際的な認証機関Vincotteより、2017年9月認証取得。Vincotteは2017年12月TÜV AUSTRIA Belgium NVに認証業務を引き継ぎました。

スターバックスの植物由来素材のカトラリー

・ 対象資材:フォーク/ナイフ/マドラースプーン/ヨーグルト用スプーン
・ 切替スケジュール:3月中旬頃から順次切り替え(提供開始日は、店舗の在庫状況に応じて異なります)
・ 実施店舗:全国のスターバックス店舗