“米国最大級”のハムブランド「ハニーベイクド・ハム」の日本第1号店が、7月下旬、神谷町(東京都港区)にオープンする。

アメリカのハムブランドが日本上陸!
アメリカのハムブランドが日本上陸!

ハニーベイクド・ハムは、米国で1957年に誕生したハムブランド。現在米国内で382店舗を展開し、米国で主流の骨付きハムなどを販売している。ホリデーシーズンにはハムを買い求める客で長い行列ができるほどだとか。

同店で販売される「ハニーベイクド・ハム」は、豚のもも肉を独自の製法で20時間以上じっくりと熟成燻製して作られる。さらに表層部にはちみつやスパイスを調合した調味料を炎で溶かしコーティングする“ハニーベイクド・グレイジング”が施され、芳醇で深みのあるしっとりとした柔らかな味わいに仕上げられているそう。

アメリカでは主流の骨付きハム
アメリカでは主流の骨付きハム

今回オープンする日本店は、米国以外での初出店となる。店頭で持ち帰り用のさまざまなサイズのハムが販売されるほか、店内ではハム入りのサンドイッチやハムステーキ、ハムを使ったさまざまなオードブルなどが提供される。クラフトビールやワインに合わせた“新しいハムの楽しみ方”も提案していくそうだ。

店舗外観イメージ
店舗外観イメージ

店舗内観イメージ
店舗内観イメージ