新年、明けましておめでとう!皆さんがお正月ののんびりとした生活に飽きてきた頃だと思うので、巳年にちなみ、おまんじゅうを蛇モデルに改造する有意義な遊びを紹介したい。

 

●準備は一瞬

用意するものは、まんじゅうと黒豆、料理バサミだけ。まんじゅうは“新年の祝いまんじゅう”か仏壇から下げたものを拝借。黒豆はおせちの中から3粒ほどくすねてこよう!

ちなみにこの記事では、ヘビっぽさを出すために緑色の“草まんじゅう”を使っているよ!



今年も低予算でいきます

今年も低予算でいきます

 

●完成までも一瞬

まずは目の位置を決め、料理バサミでバッテン(×)に切りこみ黒豆を押し込もう。ヘビの目は意外と前方に付いている。ググッたりヤフったりして目の位置をよーく観察しよう!

最後に料理バサミで口部分をカットし、皮をむいた黒豆を押し込んで完成。まんじゅうがい場合は、ゴマを使って鼻をつくるとリアリティが増すかも!

 

完成!かわいい!

完成!かわいい!

 

え…誰だよ……

え…誰だよ……

 

かわいいー!

かわいいー!

 

●達成感も一瞬

完成したら、ブログや SNS に写真をアップロードしてみよう。「こんなもの食べたよ!」「こんなものつくったよ!」という投稿は例外なくウケるので(記者経験則)、食品であり作品でもある“ヘビまんじゅう(かわいい)”に死角はない…。

皆さんのつくった“ヘビまんじゅう(かわいい)”と SNS 上のどこかで出会えるのを楽しみにしているよ…(本年も「えん食べ」を宜しくお願いいたします)。

 

執筆:京都三条 糸屋のむすめ