※今日は4月1日、エイプリルフールです

セイコー プロスペックス「ツナ缶」 ※エイプリルフールネタ
究極のダイバーズウオッチ、デビュー

セイコーのスポーツウオッチブランド『セイコー プロスペックス』から、防水機能に加えて栄養補給もできる“究極の”ダイバーズウオッチ「ツナ缶」が発売される。

ツナ缶は、従来の本格防水機能に加え、新たにダイビング中の栄養補給を目的に“ツナ”を搭載したダイバーズウオッチ。ウオッチ本体に「国産天然マグロ」を使ったツナを内蔵している。

セイコー プロスペックス「ツナ缶」 ※エイプリルフールネタ
防水機能とツナを搭載

フタはプルトップ式のためどこでも簡単に開缶でき、ダイビングで消費したエネルギーを素早く補給できる。また、フィット性に優れたジャバラ式のシリコンバンドで抜群の安定性が生まれ、開缶後もツナをこぼしにくいそう。

1食あたり300kcalモデル(300メートル防水)、600kcalモデル(600メートル防水)、1,000kcalモデル(1,000メートル防水)のほか、マヨネーズも搭載した2,000kcalの限定モデル「ツナマヨ」(2,000メートル防水)がラインナップ。

セイコー プロスペックス「ツナ缶」 ※エイプリルフールネタ
ラインナップは全4種

なお、ツナ缶誕生の背景には、1975年に登場したセイコーのダイバーズウオッチ「6159-022」が、その特徴的な円筒状の外見から世界中のダイバーたちに「ツナ缶」という愛称で親しまれていたこともあったそうだ。

セイコー「6159-022」
セイコーのダイバーズウオッチの代名詞となったモデル「6159-022」

※本稿は、セイコーウオッチがエイプリルフールに公開したジョークを記事にしたものです。