おやつカンパニー「ベビースターラーメン」

「ベビースターラーメン」でおなじみのキャラクター「ベイちゃん」(10才)と「ビーちゃん」(8才)が、2016年をもって“引退”する。おやつカンパニーが発表した。

初めてベイちゃんが登場したのは1988年。以来、約30年間にわたってマスコットキャラクターを務めてきた。ベビースターラーメンのフレーバーに合わせてさまざまな衣装を身にまとい、パッケージに登場。「文字が読めない子どもでも、味の想像がしやすいように」との思いから生まれたアイデアだ。

おやつカンパニー「ベビースターラーメン」
さまざまなコスチュームに身を包んだ二人

おやつカンパニー「ベビースターラーメン」
1988年当初のベイちゃん

ベイちゃんからの引退コメントは次のとおり。

僕たち、ベイちゃんとビーちゃんは、2016年をもってベビースターのキャラクターを引退します。
僕たちがはじめてパッケージに登場したのは、1988年。
初代キャラクターが約30年守ってきたベビースターの歴史や意志を受け継ぎながら、オレンジ色から白色のパッケージに大胆にリニューアルして華々しくデビューした時のことは今でも忘れられません。
時代を超えて。季節を超えて。国境を超えて。
いろんな衣装に着替えながら、たくさんのパッケージに登場してきました。
僕たちと出会ってくれた皆さんに、すこしでも楽しい思い出を残すことができていたら、うれしいです。
初代キャラクターからベビースターを受け継いで、約30年。
僕たちも、新しい時代へとバトンタッチしていくことに決めました。
これから生まれ来る多くの子どもたちに、新しいベビースターを知ってもらえるように。
ベビースターがこの先の未来まで、もっともっと愛してもらえるように。
ベビースターのことを僕たちはこれからも応援しています。
あっという間の約30年。本当に、ありがとうございました

なお、今後も従来どおり、ベビースター製品の販売は継続される。