とらや ひなまつりの菓子
(画像の出典はすべてとらや公式サイト)

虎屋(とらや)に期間限定の菓子として「雛衣」「雛台」「雛折」「雛井籠」「桜」が登場することが公式サイトで発表されました。女の子の健やかな成長を願う行事として古くより親しまれてきた、ひなまつりにちなんだ品々。

雛衣

とらや ひなまつりの菓子

季節の羊羹(ようかん)「雛衣(ひなごろも)」は2月4日~3月3日に購入できます。中形サイズで、販売価格は1本1,944円(税込、以下同じ)。

黄、緑、紅、白、紫の5色が雛人形の美しくあでやかな装束を思わせる、雛の節句にちなんだ一品。一部取り扱いのない店舗もあります。

雛台

とらや ひなまつりの菓子

「雛台(ひなだい)」は2月4日~3月3日に取り扱われます。販売価格は1台3,068円。

定番の小形羊羹「夜の梅」と「おもかげ」が1本ずつ竹皮で包まれ、台に盛られています。雛壇に彩りを添えます。取り扱い店舗の一覧はとらやの公式サイトで確認することが可能です。

雛折

とらや ひなまつりの菓子

「雛折(ひなおり)」は2月15日~3月3日に取り扱われます。販売価格は1折2,646円。

雛壇に飾る「右近の橘」と「左近の桜」にちなんだ意匠の道明寺羹が煉製の羊羹に重ねられ、華やかな折箱におさめられています。取り扱い店舗はとらやの公式サイトで一覧できます。

雛井籠

とらや ひなまつりの菓子

「雛井籠(ひなせいろう)」は2月25日~3月3日に販売されます。販売価格は各1段1,944円、2段3,672円、3段5,400円。1段から5段まで、好きな数だけ重ねて使えます。

小さくて愛らしい雛菓子の詰め合わせ。箱はとらやに現存する安永5年(1776)の雛井籠が模されています。内容は薯蕷製「笑顔饅(御膳餡入)」、和三盆糖製「花干菓子詰合せ」、求肥製「桃の里(白飴餡入)」、煉切製「仙寿(白餡入)」、道明寺製「雛てまり(白餡入)」。京都地区は一部内容が異なります。取り扱い店舗の一覧はとらやの公式サイトで確認することが可能です。

桜餅

とらや ひなまつりの菓子

「桜餅」は2月25日~4月10日に取り扱われます。販売価格は1個476円。

薄くのばされ焼かれた生地で御膳餡が包まれ、塩漬けされた桜葉で巻かれています。桜葉のほのかな香りも楽しめます。取り扱い店舗の一覧はとらやの公式サイトで確認することが可能です。