崎陽軒「松花堂弁当 ~蟹ごはん~」

懐石料理が意識され、冬が旬の味覚が詰め合わせられた「松花堂弁当 ~蟹ごはん~」が崎陽軒に登場します。2020年12月1日~2021年2月28日の期間限定で取り扱われます。

販売価格は1,350円(税込)。神奈川、東京を中心とした約150店舗で予約販売されるほか、東京エリアの約50店舗と神奈川エリアの約30店舗では店頭販売も実施されます。

崎陽軒「松花堂弁当 ~蟹ごはん~」

主役の「蟹ごはん」は、濃厚なうまみがあり肉厚で食べごたえのある「本ずわい蟹棒肉煮」と、荒ほぐしの蟹身にとびこをあえた食感も楽しい「本ずわい蟹とびこ和え」がそれぞれのせられ、2種類の味わいを楽しめるようになっています。ごはんそのものにも「紅ずわい蟹」のほぐし身や蟹の出汁と一緒に炊き込まれ、蟹の風味豊かに仕上げられています。

和物(あえもの)として「絹厚揚げのきのこと湯葉のあんかけ」が入れられています。絹厚揚げに平茸(ヒラタケ)、なめこ、えのき茸、きくらげの4種類のきのこと人参(ニンジン)、湯葉が出汁のきいたあんでからめられています。

焼物は3種類。「鶏の柚子こしょう焼き」は鶏肉に柚子(ユズ)こしょうがまとわせられ、しっとり焼き上げられていて、さっぱりとした味わいが特徴。「里芋田楽串」はやわらかく蒸された里芋に、コクのある味噌がかけられ焼き上げられています。「厚焼き玉子」はほんのり甘い味わいの玉子が厚焼きにされています。

蒸物には「昔ながらのシウマイ」が2個。豚肉と干帆立(ホタテ)貝柱が用いられた、豊かな風味が特徴の品です。

煮物は「春雨巾着煮」「椎茸煮」「南瓜煮」「蓮根白煮」「人参煮」の5種類。それぞれの食材が丁寧に煮含められていて、出汁を含んだ巾着煮や、異なる食感の野菜を楽しめます。

香物は 「みかんなます」。冬が旬のみかんが加えられた、やさしい甘さのなますです。甘味は「柚子大福」で、柚子の果皮が練り込まれた白あん入り。ほのかな酸味と甘みが味わえます。