北野エース「カレー大賞」コーナー

北野エース各店で、「カレー大賞」コーナーが10月29日より展開されます(一部の店舗をのぞく)。北野エースのスタッフが選ぶ、3部門におけるレトルトカレーの1位から3位までの商品がラインナップ。

『肉部門』で1位となったのは、吉田ハム「飛騨牛ビーフカレー」。スタッフからは「肉の旨味が圧倒的!食べた瞬間に違いがわかる!」「マイルドな辛さで食べやすい。ゴロっとお肉が入っている。レトルトとは思えない!」といったコメントがあがっています。

北野エース「カレー大賞」コーナー

2位はキタノセレクション「大人のためのビーフカレー」、3位は牛長秘伝「和牛入れすぎカレー」。

北野エース「カレー大賞」コーナー

『野菜・海鮮部門』で1位となったのは、レインボー食品「かきカレー中辛」。スタッフからは「かきの旨みがギュッと凝縮された、やや辛口な深い味わいのソースがクセになります」「広島県民も納得の味!お土産に選ばれる方も大勢います」といったおすすめのコメントが。

北野エース「カレー大賞」コーナー

2位は北本市観光協会「北本トマトカレー」、3位は高島食品「たらばかにカレー」。

北野エース「カレー大賞」コーナー

『個性派部門』で1位となったのは、マルコメ「マルコメ君だけど大人の欧風カレー」。スタッフからのコメントは、「大豆ミートの完成度が高く、肉なしなのに大満足」「大豆のお肉が本物のお肉っぽくて美味しい。みんなが好きそうな王道の味」「隠し味の糀甘酒がコクを出している。大豆のお肉なので体にも優しそう!」などといったもの。

北野エース「カレー大賞」コーナー

2位は永井園「いちごのカレー」、3位はベル食品「オホーツク流氷カリー」。

北野エース「カレー大賞」コーナー

また、10月22日からは「カレー大賞」から生まれた新商品「大人のための飛騨牛スパイシーカレー」が販売されています。カレー大賞『肉部門』1位と2位がタッグを組んだ商品。吉田ハムと北野エースが共同開発したオリジナルカレーです。飛騨牛のうまみと野菜の甘み、そして15種類以上のスパイスが合わされています。スパイスの複雑な味わいとうまみが詰まった飛騨牛がよく合う、まさに「大人のためのカレー」です。

北野エース「カレー大賞」コーナー