ベル食品「オホーツク流氷カリー」
青い海に浮かぶ流氷をイメージ

個性派スーパーマーケット・北野エースで、「オホーツク流氷カリー」なるレトルトカレーを見つけました。価格は650円(税別)。

冬のオホーツク海を表現した“マリンブルーカリー”に、流氷に見立てた“ホワイトチキンカリー”を合わせて食べる新感覚カレーだそうです。気になったので買ってみました!


ベル食品「オホーツク流氷カリー」
ドキドキ…

◆めちゃくちゃ青い

北海道は北見市にあるインド料理専門店「クリシュナ」が監修したというオホーツク流氷カレー。同店の料理長が、オホーツク海の青さと白い流氷の景色に感動し「何とかこの海をカレーで表現できないか」と試行錯誤を重ねて開発したそうです。

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
大自然の姿に感動したシェフが監修

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
中には2種類のルウが入っています

レトルトなので、お皿に開けて電子レンジでチンするか熱湯で3~5分温めて、ごはんにそれっぽく盛り付ければ完成!

…なのですが、

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
熱湯で温めて

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
お皿にあけ…えっ

マリンブルーカリーをパウチから出したらめちゃくちゃマリンブルーでちょっと凹みました。青ってどうしても…ね、食欲を減退させる色ですからね…こういうダイエットもあるくらいだし…。

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
青いなー…(左上のはごはんです)

気を取り直して、ここにホワイトカリーを合わせます。上からかけちゃうとせっかくのマリンブルーが隠れてしまうので、お箸やスプーンでチキンとルウをところどころに置いていきます。

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
ホワイトカリーとチキンを合わせて

できました!青い海に、白い流氷が浮かぶ景色をイメージしたカレーライス。青と白のコントラストがなんとも美しいひと皿ですね。

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
まさしくオホーツク海に浮かぶ流氷

◆食べてみる

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
いただきます

ホワイトカリーは、バターのコクが濃厚でクリームがまろやか。少しスパイス感はあるものの、辛くありません。クリームシチューみたいでおいしい!また、ゴロゴロ入ったチキンも大きくて、ふっくら美味!食べごたえあります。

一方マリンブルーカリーは、ピリッと辛くてざらつくようなとろみがあります。食べているうちに舌がビリビリ!なかなかにスパイシーです。ちなみにこの鮮やかな青は「クチナシ」で着色しているみたい。

ホワイトとマリンブルーを混ぜるとマーブル状になってきれいですし、辛みとコクのバランスがとれてちょうどいい感じ!ただ、真っ青なルウをしばらく食べていると(私なに食べてるんだろ…?)という気持ちにはなります。

ともあれ、涼しげな見た目は暑い夏にもぴったりなんじゃないでしょうか。ごはんで大陸をつくって地球っぽくしてみたり、ブロッコリーやしめじを挿して木や森を表現したりしても良さそう。ぜひお好きな盛り付けで楽しんで!

ベル食品「オホーツク流氷カリー」
なんとなく地球っぽい?