北岡本店「吉野物語 くり」

奈良の北岡本店から販売されているリキュール『吉野物語』シリーズ。様々なフレーバーの中から秋にぴったりの「吉野物語 くり」をご紹介します。

◆ 吉野物語 くり

なめらかな栗のペーストがたっぷり入ったお酒。アルコール度数は9%。栗のイラストが描かれた渋めのラベルが目印です。内容量は720ml、酒店での購入価格は1,540円(税別)。

北岡本店「吉野物語 くり」

◆ 飲んでみた

丁寧に裏ごしした栗のペーストをそのまま飲んでいるようなとろっとした口あたり。ほくほくとした甘みが口いっぱいに広がります。ロックで飲むととっても濃厚!モンブランが好きな人は絶対好きな味。

北岡本店「吉野物語 くり」

ミルクで割るとクリーミーなデザートカクテルに。原材料に豆乳が使われているため、豆乳とももちろん相性抜群。深いコクが加わり、一層リッチな味わいが楽しめます。

◆ アレンジも

吉野物語の公式サイトにはアレンジレシピが多数掲載されています。手軽に作れるイチオシは、「吉野物語 くり」煮詰めてナッツにコーティングしたお菓子。栗の濃密な甘みに、ナッツの香ばしさやほのかな渋みがアクセントを加えます。小腹が空いた時に最高の大人のおやつ。

北岡本店「吉野物語 くり」を絡めたナッツ

北岡本店「吉野物語 くり」を絡めたナッツ

『吉野物語』シリーズには「くり」の他、「かぼちゃ」や「ラ・フランス」、「いちじく」など気になるフレーバーがたくさん。素材の風味を活かした甘いリキュールは、頑張った日のご褒美にぴったりです。