サッポロビール「苺のワイン」と「桃のワイン」

家でお酒を楽しむ機会が増えている昨今。晩酌タイムが充実しそうな“フルーツのお酒”をまとめました。どれもスーパーやオンラインショップで購入したものです。

なでしこのお酒「てまり」

飲みきりサイズのキュートな梅酒「てまり」。和歌山県産南高梅を使用した梅酒に、相性の良いフレーバーが合わされています。価格は180ml 360円。

なでしこのお酒「てまり」

飲んだのは「みかん梅酒」「赤しそ梅酒」「蜂蜜梅酒」。どれも甘みと酸味のバランスが絶妙。アルコール度数は12%なので1本飲むとけっこう酔います。

なでしこのお酒「てまり」

苺にごり酒

福島県喜多方市の酒蔵「会津ほまれ」から販売されている「苺にごり酒」。清酒に苺ジュース(濃縮)が合わされています。アルコール度数は8%。価格は300ml 550円。

会津ほまれ「苺にごり酒」

ジューシーな苺をにごり酒が優しく包み込むまろやかな味わい。より爽やかに楽しむなら炭酸割り、よりミルキーに楽しむなら牛乳割りがおすすめです。

会津ほまれ「苺にごり酒」

チョコレートシロップを合わせた「ショコラにごり酒」もあります。こちらはお酒が入ったチョコレートが好きな人は気にいるはず。

苺のワイン/桃のワイン

サッポロビールから販売されている「苺のワイン」と「桃のワイン」。ワインにそれぞれ苺果汁・桃果汁が加えられており、良く冷やしてから飲むのに向いています。アルコール分は6%。価格は500ml 691円。

サッポロビール「苺のワイン」と「桃のワイン」

苺と桃、どちらもとってもフルーティー!アルコール度数も高くないので、普段はワインよりチューハイ派という人にもおすすめです。

サッポロビール「苺のワイン」

フルーツとハーブのお酒

養命酒製造の「フルーツとハーブのお酒 香る白桃と杏仁」は、8種類のハーブが配合されたリキュール。白桃果汁を加えて仕上げられています。アルコール分10%。価格は300ml 380円。

養命酒製造の「フルーツとハーブのお酒 香る白桃と杏仁」

それぞれのハーブの風味は脇役で、みずみずしい白桃がメイン。上品な杏仁の香りにも癒されます。アルコール分10%とやや高めですが、甘くてジュース感覚で飲めてしまうのがちょっぴり危険かも。

養命酒製造の「フルーツとハーブのお酒 香る白桃と杏仁」

ももわいん

シャトレーゼの「ももわいん」は、山梨県産白桃が100%使用された、本格発酵タイプの甘口フルーツワイン。アルコール度数は5.5%。価格は500ml 762円。

シャトレーゼの「ももわいん」

わずかにとろみのある口あたりで、みずみずしい甘みが広がります。まるで果汁滴る桃をかじっているかのようにジューシー!

シャトレーゼの「ももわいん」

吉野物語 くり

奈良の北岡本店から販売されているリキュール「吉野物語 くり」。なめらかな栗のペーストがたっぷり入っています。アルコール度数は9%。価格は720ml 1,540円。

北岡本店「吉野物語 くり」

ほくほくとした甘みが口いっぱいに広がって、ロックで飲むととっても濃厚!モンブランが好きな人は絶対好きな味。ミルクで割ったり、デザート作りに使ったりと様々な楽しみ方ができるのも魅力です。

北岡本店「吉野物語 くり」