モスバーガーに動物性原料を使わない「グリーンバーガー」

モスバーガーで、 原材料に動物性食材が使われず、野菜と穀物が主原料になったハンバーガー「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER <グリーンバーガー>」が3月26日より販売されます。まず東京、神奈川の合計9店舗で取り扱われ、 5月ごろをめどに全国展開が目指されています。

モスバーガーではすでに肉を使わず大豆由来の植物性たんぱくが使われた「ソイパティ」が登場しているほか、台湾とシンガポールの店舗では植物由来の代替肉を使われたハンバーガーが投入されています。今回は国内向けに、新たな食の選択肢としてグリーンバーガーが開発されました。

価格は538円(税別)。特定の食材を使わずに作られています。具体的には、肉、魚、 卵、 乳製品など動物由来のもの、それに仏教などで禁じられている匂いの強い野菜「五葷(ごくん)」すなわち長ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、玉ねぎです。

そこで、パティは大豆由来の植物性たんぱくをベースに、こんにゃくやキャベツが加えられて食べ応えが出されたしたてになっています。合わせられているソースは、トマトをベースにニンジンやゴボウで食感がつけられ、これに加え数種類のハーブで奥行きが増されています。

ほうれん草ピューレーを練りこんだグリーンバンズは、ふんわりとした食感とほんのりとした野菜の甘味が感じられるのが特徴。このほかグリーンリーフ、細切りレタス、 トマトといった野菜がパティと一緒にはさまれています。

なお、注意点としてグリーンバーガーの製造工場では動物性食材を含む製品が生産されているほか、店舗では動物性食材と調理機器を共有していて、さらに一部副原料に野菜・穀物以外の原料使われています。また低アレルゲンメニューではありません。

当初の取り扱い店舗は「モスバーガー大崎店」「モスバーガー六本木店」「モスバーガー秋葉原末広町店」「モスカフェ表参道店」「モスカフェ西銀座店」「モスカフェ阪急大井町店」「モスカフェ銀座ナイン店」「モスカフェ羽田空港国際線ターミナルビル店(4月1日よりモスカフェ羽田空港第 3ターミナル店)」「モスカフェ江ノ島店」となります。