松のや「麻婆ロースかつ定食」
麻婆豆腐?麻婆茄子?いえ!麻婆ロースかつ!

松のやの期間限定メニュー「麻婆ロースかつ定食」が復刻していたので、さっそく挑戦してみました。ロースかつに中華風の肉餡(あん)がかかった不思議な料理ですが、最大の特徴は、一緒についてくるあらびきの花椒(ホアジャオ)を好きなだけてかけて食べられるところ。心ゆくまでシビ辛を味わえます。

松のや「麻婆ロースかつ定食」
ロースかつ、白米、みそ汁、そしてあらびき花椒をミル入りで!

販売価格は650円(税込)。ロースかつに、黒い麻婆ソースをかけた一皿に、千切りキャベツを添えた主菜に、白米とみそ汁がついています。

松のや「麻婆ロースかつ定食」
ロースかつに黒い麻婆ソースがたっぷり

ロースかつはいつも通りの揚げたてさくさくの衣で汁気のある豚肉を包んであって、そのままでもご飯のおかずにぴったりですが、ゴロゴロの肉そぼろが入った黒い麻婆ソースをかけることで独特したてになっています。

松のや「麻婆ロースかつ定食」
そこにこの花椒を

松のや「麻婆ロースかつ定食」
たっぷり振る

この麻婆ソースそのものは、そこまで強烈な辛さがある訳ではなく、スパイシーな香りと中華風のうまみのきいたほどよい味わいです。

松のや「麻婆ロースかつ定食」
ピリピリ系の辛さが苦手でなければ遠慮なく

松のや「麻婆ロースかつ定食」
花椒はかつにも麻婆ソースにも相性ぴったり

しかし、一緒についてくるプラスチックのミルに入った花椒を削りかけると味は一変。舌が痺れる心地がします。花椒の量は好みで調節できますが、もしピリピリ系の辛さが苦手でなければ、思う存分かけてしまいましょう。

松のや「麻婆ロースかつ定食」
ソースをたっぷりつけていただきます!

辛ければ辛いほど麻婆ソースもロースかつも味が引き立ちます。これ以上食べられないと思ったら、備えつけのドレッシングをかけた千切りキャベツをほおばると、ひんやりと口の中が冷えて爽快です。舌を休めたら再びシビシビのかつに挑戦。最後まで飽きることなく楽しめます。