ローソン新スイーツ「カプケ」

話題の「バスチー」や「サクバタ」などヒット商品を次々と生み出しているローソン。スイーツコーナーに「CUPKE(カプケ)」シリーズが10月22日から仲間入りしました。

「CUPKE(カプケ)」シリーズは、定番ケーキをカップに入れた新スイーツ。一般的なケーキの型くずれしやすい点や手軽に食べられない点に着目し、持ち運びしやすく食べやすい形状の“カップスイーツ”として開発されました。

ラインナップは、洋菓子店に行けば必ず出会える定番ケーキ4品。期待の新作を全品実食レビュー!

ローソン新スイーツ「カプケ」

◆とろけるクリームの苺ショート
北海道産生クリームをブレンドしたホイップクリームに半分の苺をトッピングしたショートケーキ。間にはスポンジとホイップクリーム、苺ソースが重ねられています。価格は315円(税込、以下同じ)。

ローソン新スイーツ「カプケ とろけるクリームの苺ショート」

“とろけるクリーム”の名の通り、ふわっふわの繊細な舌触り。下に続くスポンジやソースも口あたり良く、全体を通してとっても軽やか。ミルキーなコクを苺のフレッシュな酸味が引き締めます。ソースにしっかり果肉感が残っているのも高ポイント。

ローソン新スイーツ「カプケ とろけるクリームの苺ショート」

◆ごろっと栗のモンブラン
渋皮栗を天面と中に1/4カットずつ入れたモンブラン。華やかな香りが特徴のスペイン産マロンペーストやクランチチョコレートが使用されています。価格は295円。

ローソン新スイーツ「カプケ ごろっと栗のモンブラン」

儚くとろける苺ショートに対し、モンブランは食感が多彩。なめらかなクリームにしっとりスポンジ、その下から出てくる栗のカットがころころと舌の上を転がります。さらにカリっとしたクランチチョコも出現。栗の濃厚な風味を楽しみながらも、どんどん変わる食感に驚かされるはず。

ローソン新スイーツ「カプケ ごろっと栗のモンブラン」

◆くちどけティラミス
北海道産マスカルポーネチーズを100%使用したティラミスクリーム入りのティラミス。深煎りコーヒーを使ったコーヒーシロップで香り豊かに仕上げられています。価格は270円。

ローソン新スイーツ「カプケ 口どけティラミス」

チーズの深いコクをとことん味わえるクリーム。まろやかな甘みに浸っていると、時折コーヒーがエッジをきかせてきます。鼻に抜けるコーヒーの香りがなんとも心地良い。スイートとビターが交互に訪れる絶妙なバランスです。

ローソン新スイーツ「カプケ 口どけティラミス」

◆カカオ薫るショコラ
エクアドル産カカオ使用のミルクチョコレートを使ったケーキ。ガナッシュやチョコホイップ、クランチチョコが重ねられています。価格は295円。

ローソン新スイーツ「カプケ カカオ薫るショコラ」

上から下までひたすらチョコで、まさにチョコ好きのための一品。ただし食感でメリハリがつけてあり、甘さもくどくないので最後まで飽きずに楽しめます。中から出てくるねっとりとしたガナッシュが美味。

ローソン新スイーツ「カプケ カカオ薫るショコラ」

洋菓子店で買うようなケーキをコンビニで手軽に買えるってありがたいですよね。カップ入りだから皿を準備しなくて済むし。トランプのマークがデザインされたパッケージがおしゃれなので、自分用のデザートにはもちろん、ちょっとした手土産にも使えそうです。