信濃屋のおつまみ「スナックサラミ」
スナックサラミ(プレーン)

関東を中心に展開する酒販店「信濃屋」でおつまみを買ってみました。「スナックサラミ(プレーン)」「同(チョリソ)」「スペインマラガ産天日干しイチジク」の3種類。

信濃屋は洋酒の品ぞろえが充実していて、近くにあるとつい足を運んでしまいます。あれこれ陳列棚をながめて回ると、珍しいおつまみも色々あるので、そちらにも手を出してしまいがち。

今回選んだスナックサラミは最近ちらほらと見かける一口大のサラミで、信濃屋ではプライベートブランドで取り扱っています。プレーンとチョリソ、2種類のフレーバーを購入してみました。価格はそれぞれ399円(税別、以下同じ)と449円。

スナックサラミ(プレーン)

スナックサラミ(プレーン)
まずプレーンから

まずプレーンですが、表面に白く色がついていて、噛んでみるとカマンベールというか白カビチーズのようなうまみがあります。サラミなので中は脂身と肉がぎっしり。歯ざわりははじめ皮に弾力があって固めに感じられますが、すぐ口の中でほぐれます。

スナックサラミ(プレーン)
14個入ってる!

ワインはもちろんビールにも合うきどらない味。一口大といってもそれなりのボリュームがあり、1つのパッケージに入っている数が多いので家族や友達とのシェアがよいかもしれません。

スナックサラミ(プレーン)
肉と脂身がぎっしり

スナックサラミ(チョリソ)

スナックサラミ(チョリソ)
続いてはチョリソ

チョリソは真赤な色合いからして、舌を焼くような味かと覚悟していたのですが、いざかじってみるとトウガラシの香りは高いものの、辛さの方は案外おとなしめでした。

スナックサラミ(チョリソ)
赤い

プレーンのスナックサラミと同じく丸まっこいかたちの中に脂身と肉が詰まっています。スパイシーな風味とあいまって、いかにもお酒のおつまみらしいおつまみの雰囲気。やはり数が多いのでシェア向きです。

スナックサラミ(チョリソ)
意外と辛さはおさえめでした

干しイチジク

スペインマラガ産干しイチジク
ずっしり重い干しイチジク

最後に何か甘いものも、と思いスペインマラガ産天日干しイチジクを試すことに。価格は553円(税別)。干しイチジクはコンビニエンスストアも含めあちこちで売っている人気のドライフルーツですが、信濃屋で買ったものはしっかり重たく、歯ごたえも強いのが特徴でしょうか。

スペインマラガ産干しイチジク
種のプチプチ感が楽しい

濃縮した果実の風味とぷちぷちしたタネの食感に加え、かすかにハチミツを連想させる甘い匂いがエキゾチックです。冷やした白ワインに合いそう。

スペインマラガ産干しイチジク
噛みしめると、ほんのりハチミツのような甘い匂いがします

どれもおいしいのですが、1人でつまんでいるとつい手が止まらず、それだけでボトルが空きそうなので、なるたけ複数人で楽しむ方がよさそうです。