なか卯「冷やし坦々うどん」
冷やし坦々うどん。ちょっと「汁なし坦々麺」ぽい

なか卯の季節メニュー「冷やし坦々うどん」が始まっていたので食べてきた。まぜればまぜるほど、うどんが甘く辛いゴマダレによくからむ。

メニューの説明によると、ねりゴマに特製のラー油を効かせた独自の「担々胡麻だれ」に、担々ミンチと青ネギを合わせたうどん。ゴマを「二度練り」することで、なめらかできめ細かいペーストにしあげ、香りとコクを引き立てているとのこと。

なか卯「冷やし坦々うどん」
ミンチに加えネギがどっさり

小サイズが290円(税込、以下同じ)、並サイズが490円。今回は並を選択。到着した丼は、汁なし坦々麺を連想させる盛りつけになっている。

このままミンチとネギをトッピングにして食べるのもよいが、せっかくなので汁なし担々麺をまねて、まずよくまぜることに。

なか卯「冷やし坦坦うどん」
まぜる!

まぜればまぜるほど、太い麺にゴマダレがしっかりからむ。20回ぐらいはまぜたろうか。上にのっていたミンチもネギが全体に分散しきったところで食べ始める。するとまっさきに舌を刺激するのは、かなり甘みの強いタレで、ゴマの香りと合わさって、ゴマダレ冷やし中華のような印象も受ける。

なか卯「冷やし坦々うどん」
とにかくうどんによくからむ

青ネギはシャキシャキして歯ざわりが楽しい。ミンチには刻んだ野菜が加えてあって食感が複雑。うどんはしっかり冷やしてあって、好ましい弾力がある。

タレの味が濃く、まぜつづけると非常によくうどんにからむので、一緒にお茶を飲みつつ食べ進めた方が口はさっぱりする。並サイズで十分昼ごはんに足りるが、お腹に余裕があれば小サイズと牛丼のセットもいろどりがあってよいかも。