なか卯「炭火焼親子丼」
ヤキトリ感!

なか卯の「炭火焼親子丼」。ヤキトリを卵とじして丼にしたような香ばしい風味が気に入った。

メニューの説明によると、備長炭を使って、ひとつひとつ丁寧に手作業で燻煙(くんえん)された鶏肉が入っているとのこと。卵を一緒に調理することで炭火の香ばしさが全体に広がり、噛めば噛むほどうまみが出るそう。定番の親子丼とは別メニューになる。価格は並サイズが590円(税込)。

なか卯「炭火焼親子丼」
スモーキーな鶏肉を卵でとじてある

食券を購入して席につき、注文を通すと、いつもより少しだけ長く待つ。出てきたのは大き目な鶏肉がころころ入った親子丼。確かに焼き目がついている。

さっそく肉をかじってみると、ほんのりスモーキーなにおいがし、汁気を残しつつもよく火が通ってしまった身、甘みのある味つけは、いかにもヤキトリという印象。

なか卯「炭火焼親子丼」
卵のとじ具合はいつも通り絶妙

ただしトロトロとやわらかい卵でとじてあり、そちらと一緒にほおばると、ヤキトリ丼とはまるで異なる食感になる。さらにタマネギは細切りでシャキシャキとした歯ざわりは残しつつも、やはりよく火を通してかつ味もしませてあり、薬味のように鶏肉の引き立て役になっている。

緑のミツバも量があって、いろどりだけではくさわやかな香りが楽しめる。肉や卵と一度にかきこむと、とてもご飯が進む。

なか卯「炭火焼親子丼」
ミツバも多めでうれしい

ところで炭火焼の香ばしさにもかかわらず、卵のおかげで優しいしあがりになっているので、スパイシーさを足したいと思ったら、備えつけのトウガラシを振るのはおすすめ。こちらも相性はぴったり。