まい泉、和幸、さぼてんの「かつサンド」

行楽の季節になるとつい買いたくなる「かつサンド」。ふわふわの白いパンにソースを吸った衣、柔らかい豚肉のコンビネーションが最高。今回はとんかつチェーン「まい泉」「和幸」「さぼてん」を食べ比べ、お出かけのおともにどれがいいかを検討してみた。

まい泉、和幸、さぼてんの「ヒレかつサンド」
左から和幸、まい泉、さぼてん

購入したのは、まい泉の「ヒレかつサンド」(3切入り、421円、税込、以下同じ)、和幸の「ひれかつサンド」(4切入り、580円)、さぼてんの「ヒレかつサンド」(500円、3切入り)だ。先に結論から言えば、どれもパンはしっとりやわらか、ヒレカツの肉も簡単に噛みきれて、ソースはコクがあり、満足のできばえ。しかし細部にはそれぞれの個性がある。

まい泉、和幸、さぼてんの「ヒレかつサンド」
どれもふわふわのパン、ソースの沁みた衣、やわらかいヒレ肉が美味

・まい泉「ヒレかつサンド」

まい泉「ヒレかつサンド」
カツもパンもやや小ぶり

まずは、まい泉のヒレかつサンドから。パッケージからも分かるように、ほかと比べサイズがやや小さめ。6切れ入り(842円)や9切れ入り(1,263円)なども存在し、量は好みのものを選べるが、今回は3切入りにした。

まい泉「ヒレかつサンド」
ヒレなのにメンチのように肉がやわらかい

特徴あるかっこのよいパッケージに入っている。公園に持っていくのに素敵なデザインだ。きちんと密封してある包装をやぶいて、ひとつかじってみると、かつがとにかくやわらかい。ヒレなのにメンチかと思うほどで、ちょっと驚く。衣にしみたソースは甘酸っぱさが強くて、ふんわりしたパンとカツとをひきたてる。

まい泉「ヒレかつサンド」
パッケージが好き

かつサンド、といって期待するおいしさをぴったり満たしてくれる感じだ。