コンビニの肉まん食べ比べ

今年もほかほかの中華まんがおいしい季節になりました。コンビニ各社では、ちょっとお値段高めの“プチ高級肉まん”が続々と販売されています。

そこで今回、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのプチ高級肉まんを食べ比べ!どれが一番おいしいか、勝手に決めてみたいと思います。

◆食べ比べるのは…

食べ比べるのは、この3品。値段がほぼ同じ肉まんで揃えています。

セブン-イレブン「こだわりの特製肉まん」 180円(税込、以下同じ)
ローソン「4種具材の極上肉まん」 180円
ファミリーマート「ファミマプレミアム肉まん」 198円

コンビニの肉まん食べ比べ
左手前からファミマ、セブン、ローソンの肉まん

◆重さを量ってみた

食べる前に、それぞれの重量を比べてみました。セブンは約134g、ローソンは約141g、ファミマは約143g。どれも大体140g前後ですが、この中ではセブンがもっとも軽く、ファミマはもっとも重いという結果に。

コンビニの肉まん食べ比べ
ファミマの肉まんが一番重かった

◆味の違いは?

まずは生地からレビュー。セブンとファミマの生地の感触は割と似ています。分厚くてふかふかと弾力があり、噛むとむっちりした歯ごたえ。

コンビニの肉まん食べ比べ
セブン

コンビニの肉まん食べ比べ
ファミマ

どちらも中のあんと同じくらいしっかりと存在感がありますが、ファミマの方が口どけが軽く、セブンの方がやや口に残るかも。そして、セブンの方が生地の甘みが少し強い。

一方、ローソンの生地は明らかにセブン・ファミマと違っていて、しっとりぷるぷるとした水分を含んだような食感。指で押すと吸い付くようにやわらかく、かじるとすっと口どけて、素早く中のあんに主役の座を譲ります。生地の味もすごく淡泊。

コンビニの肉まん食べ比べ
ローソン

次に、あんを比べます。セブンはごろごろとしたお肉や、シャキシャキ食感のあるタケノコなど、しっかりと歯ごたえを感じるあん。お肉のうまみを引き立てるほのかなスパイス感が美味です。

コンビニの肉まん食べ比べ
セブン

ファミマのあんもお肉の噛みごたえがありますが、口あたりはセブンよりもなめらか。セブンの方が、よりごつごつとした具材感があります。味はシンプルな肉まんのあんという印象。

コンビニの肉まん食べ比べ
ファミマ

ローソンは、お肉のジューシー感や、具材の主張が強め。大きくカットされたタケノコやクワイがごろごろ入っていてシャッキシャキ。さらに、シイタケの香りや味もしっかり感じられます。食欲をそそる中華味のあんが、ものすごく食べごたえあり。

コンビニの肉まん食べ比べ
ローソン

個人的には、生地はファミマ、セブン、ローソンの順に好きで、中のあんはダントツでローソンが好き。そのあとにセブン、ファミマが続きます。が、全体のバランスでいくと、セブンが一番買いたくなるかな~。

もちもちでほんのり甘い生地に、ややスパイシーでジューシーなお肉が包まれたセブンの特製肉まん。しっとりした繊細な生地で、食べごたえのある本格中華あんが包まれたローソンの極上肉まん。ふかふかもっちりした生地と、シンプルな肉のうまみを楽しめるファミマのプレミアム肉まん。みなさんはどれがお好み?