富士そばの新メニュー「揚げシュウマイそば」
揚げシュウマイが、そばに

富士そばの新メニュー「揚げシュウマイそば」を試してきた。揚げシュウマイの皮はパリパリで、中身は汁気たっぷりで美味。しかしこれは和食なのだろうか、中華なのだろうか。

富士そば揚げシュウマイは10月中旬に登場。食べられる場所は当初、日の出町店、元住吉店、綱島店、六本木店の4店舗で限定販売。今後は取り扱い店舗の拡大を目指すとのこと。価格は450円(税込)となっている。

さっそく六本木店で味わってきた。富士そばのほかのメニューと同じく券売機で食券を購入し、カウンターに出して少し待つ。時間はさほどかからない。

富士そばの「揚げシュウマイそば」
特に違和感はない

揚げシュウマイは熱々で皮はパリパリ。歯を立てると肉汁が舌に感じられる。豚ミンチの香りが強く、ちゃんとした中華のシュウマイだ。しかし酢醤油やラー油ではなく、和食そのものである温かいそばつゆに漬かっていて、味もちょっとしみているのが面白い。

富士そばの「揚げシュウマイそば」
ちゃんとしたシュウマイです

全部で5個ある揚げシューマイは、そばやほかの薬味とともにちょっとずつ食べてゆくと楽しい。

そばは、富士そばの普通のおそば。特筆すべき内容はない。いつもの、当たり前の、食べ飽きないおそば。ただし、シュウマイと一緒にたぐっていると、やっぱり何か違う料理を味わっている気分になる。

富士そばの「揚げシュウマイそば」
普通のおそば。すごくなじむ

案外相性のよいシュウマイとそば。まったく抵抗なくつるつるとすべて平らげられたのだが、空になった丼をながめつつ、あらためて先程の疑問について考え込んでしまう。はたしてこれは和食なのか、中華なのかと。