モスバーガー「兵庫・加古川 デミグラ牛カツバーガー」
名物をハンバーガーに!

モスバーガー各店で、「兵庫・加古川 デミグラ牛カツバーガー」と「静岡・駿河湾水揚げ 桜えびコロッケバーガー」が9月13日に発売されます(一部の店舗をのぞく)。11月中旬までの期間限定。

今年で4回目となる、店舗スタッフから“地元の名物”をキーワードにアイデアを募集して商品化するキャンペーン。今回は2,651件もの応募の中から、兵庫県加古川市の“かつめし”をイメージしたハンバーガーと、静岡県の地域ブランド食材である“桜えび”を使用したハンバーガーが商品化されました。

モスバーガーの“ご当地バーガー”
選ばれし2品

デミグラ牛カツバーガーは、牛カツにたっぷりの千切りキャベツとデミグラスソース、アメリカンマスタードをのせたバーガー。ソースは、デミグラスソースとトマトケチャップ、濃厚ソース、ウスターソース、中濃ソースの5つをベースに、フルーツチャツネやりんごペーストを合わせ、隠し味に濃口醤油や赤ワインを加えて深みのある味わいに。食べ応えのある牛カツと、濃厚なデミグラスソースがマッチしているそうです。価格は410円(税込)。

モスバーガー「兵庫・加古川 デミグラ牛カツバーガー」
マスタードがアクセント

桜えびコロッケバーガーは、静岡県駿河湾の由比港・大井川港のみで水揚げされる“桜えび”をコロッケに使用したバーガー。レタスの上に、サクサクのコロッケと千切りキャベツをのせ、えびクリーミーソースがかけてあります。桜えびの上品な香りが楽しめるとか。価格は430円(税込)。

モスバーガー「静岡・駿河湾水揚げ 桜えびコロッケバーガー」
桜えびの旨みを存分に