インドネシアのお菓子とお茶
インドネシアのおやつ!

東京の大久保から新大久保にかけては外国料理のレストランや食材店があまた並ぶ。「TOKO INDONESIA」ではインドネシアのお菓子からお茶、調味料までそろっている。

大久保駅北口を出てすぐ

TOKO INDONESIAの店内
お店にはインドネシアの食べ物がぎっしり

お店の場所は大久保駅北口を出てすぐ。歩いて数分とかからない。店内にはインドネシアの女性が数人で働いていて、買い物にくる客もインドネシアの女性が多いもよう。変わりつつある東京がのぞかせる、新しい日常の風景だ。


商品の説明書きは日本語とアルファベットのインドネシア語と英語、中国語がいりまじる。

棚には見覚えのない缶入りのジュースが複数種類そろっていたり、日本ではあまり食べない果物の缶詰があったり、知らないブランドの即席めんや、むこうの料理のレトルト商品があったり、さほど広くない店内を見て回っているだけで目に入って来る情報量が多すぎて頭がふらふらする。

TOKO INDONESIAの店内
見覚えのないジュースが沢山

TOKO INDONESIAの店内
あまり食べないフルーツの缶詰

TOKO INDONESIA の店内
知らないブランドの即席めんだ

TOKO INDONESIAの店内
むこうの料理のレトルト商品も

特に注意を惹いたのは、円筒状に固めてある茶色い砂糖。「PALM SUGAR」とあり、どうやらヤシの花の蜜から作ったらしい。味に興味をそそられる。

PALM SUGARのイメージ
PALM SUGAR?

PALM SUGARのパッケージ
ヤシの花の蜜で作った砂糖

もちろん普通のお菓子に紅茶、コーヒーもそろっている。お店の人におすすめを訊くと、いそがしい手を止めて教えてくれた。
次ページ >>  お店の人のおすすめは…