資生堂パーラー「2018 真夏のパフェフェア」第2弾
どれも魅力的

資生堂パーラー銀座本店のサロン・ド・カフェで、「2018 真夏のパフェフェア」第2弾が8月31日まで開催されています。8月はいちじく、マンゴー、黄金桃と白桃のパフェがラインナップ。

「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ」は、旬のいちじくをフレッシュのまま贅沢に楽しめるパフェ。いちじくを堪能できるよう、ロゼワインのコンポートやソース、シャーベット、チュイールなどにも使われています。いちじくとりんごのジュレがアクセント。価格は2,160円(税込、以下同じ)。

資生堂パーラー「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ」
華やか

「沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ」は、沖縄県産のマンゴーを贅沢に使い、カットの仕方を変えて食感も楽しめるよう盛り付けたパフェ。トロピカルな自家製マンゴーシャーベットとエキゾチックソース、ミルクアイスクリーム、クランベリーソースが合わされています。8月中旬からはキーツマンゴーで登場の予定。価格は2,580円。

資生堂パーラー「沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ」
太陽をたっぷり浴びて育ったマンゴー

「国産 黄金桃と白桃のオリエンタルパフェ」は、ジューシーな国産の黄金桃と白桃のコンポートに抹茶アイスクリームを合わせたパフェ。桃はその時に最も旬の産地のものが使用されます。いちごソースがアクセントになっているとか。価格は1,980円。

資生堂パーラー「国産 黄金桃と白桃のオリエンタルパフェ」
オリエンタルなパフェ

7月に引き続き「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」も提供。爽やかな酸味が広がる苺と、伝統のバニラアイスクリームが相性抜群だそう。価格は通常版、低糖質版どちらも1,890円。

資生堂パーラー「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」
この時期ならではの苺