今春、ログロード代官山にオープンを予定していた「タルティーン ベーカリー&カフェ(以下、タルティーン ベーカリー)」および「ブルーボトルコーヒー」が、出店を見合わせるそうだ。本国でタルティーン ベーカリーを買収したブルーボトルコーヒー社の子会社・ブルーボトルコーヒージャパン合同会社から発表された。

“全米 No.1”のパンが食べられるのは、まだ先かも…  (画像の出典は TARTINE BAKERY & CAFE 公式サイ)
“全米 No.1”のパンが食べられるのは、まだ先かも…
(画像の出典は TARTINE BAKERY & CAFE 公式サイ)

ログロード代官山は、2015年4月に東京・代官山にオープンした商業施設。アメリカ・ポートランド発のドーナツショップ「カムデンズブルー スタードーナツ」が出店し、連日行列ができるなど賑わいを見せている。

タルティーン ベーカリーは、アメリカの“ベストベーカリー”にも選出されたことがあるというサンフランシスコのベーカリー。フランスで修業を積んだオーナーシェフが、オーガニックの小麦粉や山からの天然水などを使い、薪火のオーブンで焼き上げるパンが人気を博している。ログロード代官山には5月以降に日本1号店をオープンする予定だっだ。

ブルーボトルコーヒー社によると、お客に満足してもらえる理想の店舗についての議論を重ねた結果、国内1号店としてオープンを予定していたログロード代官山での店舗については見直しが必要との結論に至ったそう。あわせて、日本国内での展開についても「方針を再検討」する必要が出てきたのだとか。

このため、タルティーン ベーカリーの日本1号店、およびブルーボトルコーヒーの新店舗のオープン時期は「未定」となる。詳細については決まり次第、発表される予定。