「ALEXANDER'S STEAKHOUSE(アレクサンダーズステーキハウス)」が日本にオープン

米国カリフォルニア州に本店を持つ高級ステーキレストラン「ALEXANDER'S STEAKHOUSE(アレクサンダーズステーキハウス)」が11月初旬、日本へ上陸する。1号店は東京・汐留にオープン。

アレクサンダーズステーキハウスは、2005年の開店以来、2011年から3年連続でミシュラン一つ星を獲得するなど数々の賞を受賞しており、多くのセレブリティが愛用しているのだとか。

店内に米国内最大規模の熟成設備を持ち、“28日熟成”にこだわっているそう。日本では、空輸で仕入れるブランド牛をはじめ、肉、魚、野菜など、厳選した食材を利用した料理が提供されるとのこと。またデザートのわたあめ「ハッピーエンド」も名物。

「ALEXANDER'S STEAKHOUSE(アレクサンダーズステーキハウス)」が日本にオープン
高品質の熟成肉が自慢

「ALEXANDER'S STEAKHOUSE(アレクサンダーズステーキハウス)」の「ハッピーエンド」
お客が「ハッピーエンド」で帰れますように…

米国の有名ワイン誌でアワードを連続受賞するなど、ワインセレクションにも定評がある。手に入りにくい希少ワインも含めて、約500種類が常時用意されているそうだ。