この写真に写っているメニュー、合計で610円です
この写真に写っているメニュー、合計で610円です

すべてのメニューを原価(=仕入れ値)で提供する「原価BAR(ゲンカバー)」が5周年を迎えるにあたり、五反田店(3F)と赤坂見附店がリニューアル。フード・ドリンクメニューが大胆に一新します。

これを記念して両店では「オールタイムハイボール10円」キャンペーンを3月いっぱい実施。期間中はいつでも、何杯でもハイボールが1杯10円となります。10杯飲んでも100円、100杯飲んでも1,000円!太っ腹~!

◆原価BARの楽しみ方


原価BARって何ぞや?という方もいるかと思うので、この機会に正しい楽しみ方をお教えします。

五反田に2店舗(2Fと3F)、赤坂見附店、銀座店の計4店舗を構える原価BAR。お客は入場料を支払う代わりに、ドリンクやフードを「原価」で楽しめます。たとえばビールが1杯180円(!)だったり、竹鶴ウイスキーが120円(!!)だったり、どれも思わず2度見しちゃう値段。ちなみにハイボールの通常価格は80円です。

写真は五反田店。この真っ赤な看板、見たことある人もいるのでは?
写真は五反田店。この真っ赤な看板、見たことある人もいるのでは?

入場料は五反田の2店が1,600円、赤坂見附店が1,800円、銀座店が2,500円(土地代の差異あり)。一般的なお店の価格を考えると、ドリンク3杯も注文すれば入場料分は元が取れそうですね。

このシステムで赤字にならないのか心配になりますが、お店側は入場料で一定の利益を確保しているため“良いものを安く”提供できるんだとか。いわく「ギリギリ利益が出るところで勝負しています」とのこと。なんたる男気。

◆新コンセプトは“国産泡”専門店


さて。今回リニューアルするのは、五反田の3Fにある店舗(2Fとは別)と赤坂見附店。新たなコンセプトは“国産泡”専門店です。

“泡”というとシャンパンをイメージされる方が多いかと思いますが、原価BARでは“泡の出るお酒”全般を指します。たとえば、国産のスパークリングワインやクラフトビール、ハイボール、発泡性の日本酒などがラインナップ。もちろんすべて「原価」で用意されています。

根幹には「日本を元気にしたい!」という思いがあるそう
根幹には「日本を元気にしたい!」という思いがあるそう

中でもドリンクのおすすめは、「オリジナル スモーキング・ハイボール余市」(280円)。ジャー(瓶)の中にハイボールを注いだら“瞬間燻製(くんせい)器”でウッドチップを燻したスモークをジャーに入れてフタを閉じ、そのまま提供されます。1分ほどしてからフタを開けて飲むと、香りの良いけむりがモクモク…

瞬間燻製器でスモークを入れています
瞬間燻製器でスモークを入れています

瓶の中がちょっとモクモクしてるの、分かります?
瓶の中がちょっとモクモクしてるの、分かります?

これは筆者も初体験でした。フタを開けた瞬間から飲み終えるまで、ずっと口元をたゆたうスモーキーな香り。ものすごく大人な気分になります。燻製された香りが料理とも合うんですよね。

もわわ~ん
もわわ~ん

なお、スモーキング・ハイボール余市は「オールタイムハイボール10円」キャンペーンの対象ではないのでご注意を。1杯10円になるのは、五反田店(3F)は「フリージングハイボール」、赤坂見附店は「角ハイボール」です。

◆原価でも料理に手は抜かない


原価BARは料理の“質”にも手を抜かない、が信条。

今回、五反田店(3F)と赤坂見附店で一新したフードメニューもこだわり満載です。中でも注目は、400gの巨大な牛ほほ肉を国産スパークリングワインでじっくり煮込んだ「牛ほほ肉のスパークリング煮込み」や、塩麹にしっかり漬け込んだローストポーク「豚肉の塩麹ロースト 400g」などなど。

・牛ほほ肉のスパークリング煮込み400g(600円)

厚さ6~7センチはあろうかという巨大な牛ほほ肉を、じっくり時間をかけて煮込んだ一品。

これが600円
これが600円

重い
重い

第一印象は「イカつい」ですが、食べてみるとこれがほろほろっと崩れるやわらかさで、歯にもいっさい不快感を与えない極上の口どけなのです。やさしく広がる肉のうまみに、甘みと酸味がバランスの良いソースが最高に合います。

あらやだ~!
あらやだ~!

・豚肉の塩麹ロースト400g(500円)

こちらもどっしりと重厚感のある塊肉。ナイフを当てると程よく弾力があります。

どっしり塊肉が登場
どっしり塊肉が登場

岩のようなゴツい見た目に反して、口あたりはしっとり上品。噛みしめるたびに程よい塩気と麹のうまみをまとった肉汁がジュワっとにじみ出します。脂身のこってり感も少ないし、分厚く切ってほお張ってもサクッと噛み切れるので、いくらでも食べられちゃう。

あらやだ~!
あらやだ~!

・原価BARオリジナル ロブスターヘッドカリー(400円)

シンガポール料理“フィッシュヘッドカレー”から着想を得て開発されたというオリジナルメニュー。名前のとおり、ロブスターのヘッド(頭)を丸ごと煮込み、スパイスを加えてエスニックなカレーに仕上げてあります。ヘッドはそのままトッピングされて登場。

登場した瞬間のインパクトがすごい
登場した瞬間のインパクトがすごい

ロブスター、おるで
ロブスター、おるで

ひと口食べた瞬間、ガツンと来るロブスターの主張がすごい!潮のうまみをたっぷり蓄えたロブスターから、これでもかと煮出された贅沢なダシの味を感じます。これはほかでは食べられないかも。エビが好きな人にはぜひ食べてみて欲しい一皿です。

ロブスターのうまみがめちゃくちゃ出てる
ロブスターのうまみがめちゃくちゃ出てる

・たっぷりイクラのブルスケッタ(500円)

サクサク香ばしいバゲットに、北海道産イクラをのせて食べるサイドディッシュ。あれ、ここ漁港だっけ?と思うほどたっぷりイクラが盛られています。

バゲットにたっぷりのイクラを添えて
バゲットにたっぷりのイクラを添えて

パンとイクラってこんなに合うんだ、という新発見。イクラは全然くさみがないし、プチッと弾ける食感も、しょっぱくてコクのある濃厚なうまみもバゲットと相性抜群です。これとワイン…最高でしょうね。

なんて神々しいのかしら
なんて神々しいのかしら

ほかにも、レーズン(30円)、ピクルス(100円)、オリーブ(200円)などのおつまみメニューが用意されているほか、フォアグラ・トリュフ・キャビアの“世界三大珍味”を使った料理なんかも「原価」で提供されています。

◆女子会や合コン、会社の飲み会にも


会社帰りにサクッと飲みに来るお客さんが多いのかと思いきや、意外にも女子会やデート、合コンに使われることも良くあるんだとか。ボトルワインが安いので、ワイン通の女子たちが愛用するんですって。

また、女の子や後輩に“おごりたい”人からも重宝されているみたい。おいしいものを安く食べさせてあげられますし、たとえば後輩に入場料だけ自分で払わせて、料理やお酒はおごるから好きなものをオーダーしなさい(ドヤ顔)みたいなことも気軽に言えるわけです。全員ハッピーな感じになれて良いですよね!

ただし、ここは「原価」BAR。価格は仕入れ値によって変動しますので、あしからず。