あふれんばかりのネタに大興奮!デカ盛り寿司をご紹介
あふれんばかりのネタに大興奮!デカ盛り寿司をご紹介

全国の祭りやおいしいものが集まった“祭食兼備”なイベント「ふるさと祭り東京2016-日本のまつり・故郷の味-」が始まりました。東京ドーム(東京都文京区)で1月17日まで開催されます。

8回目の開催となる今回、新企画として、初の回転すしフェスティバル(?)「全国回転寿司デカ盛り寿司フェスタ」が登場。回転寿司評論家 米川伸生さんのプロデュースにより全国から9つの回転すし店が出展、オリジナルの“デカ盛り寿司”が提供されます。

メディア向け内覧会に参加したえん食べ編集部、実際に食べてビックリしたもののなかから、“食べるべきランキング”を勝手に決定。TOP3をご紹介します!

どの店に行くか迷う…
どの店に行くか迷う…

【3位】独楽寿司「グローバル寿司チャレンジ2015 世界チャンピオン地引淳監修 とろけるエンガワ寿司トリュフ塩味」500円

この方、チャンピオンの地引さんです
この方、チャンピオンの地引さんです

洋風アレンジの変わり種。大きな「エンガワ」に黒トリュフ塩をあわせてあります。

トリュフの香りとエンガワという味わいはもちろんのこと、何よりも食感に驚きました。一般的にはこりっとした独特の食感があるのですが、このエンガワ、とろっとろなのです。噛む必要もないんじゃ?ってくらい、口に入れるとすぐ溶ける! 初体験でした。

ネギまみれで分かりにくいけど、大きなエンガワの下に、シャリが3貫分あります
ネギまみれで分かりにくいけど、大きなエンガワの下に、シャリが3貫分あります

【2位】がってん寿司(埼玉県)「長いぞ、熊谷いなりスペシャル」1,000円

油揚げが好きな人には絶対食べてほしい
油揚げが好きな人には絶対食べてほしい

夏の暑さを逆手にとった事業「あついぞ!熊谷」にかけて、厚い揚げでつくられた“熊谷いなり”。10cmは超えるであろう大きないなりが3個、縦に並んでいます。のっているネタは「カニのほぐし身」「いくら+うに」「ねぎとろ」です。

厚い揚げの野性味あふれる(!)食感に感動。また、揚げ、ネタ、シャリを同時に一口で楽しめる、すしらしさもポイントです。あふれんばかりにネタをのせたすしが目立つなか、「え?いなり?」と思われるかもしれませんが、揚げがとってもおいしかったので2位に選出!

おいなりさんって、安心する味
おいなりさんって、安心する味

【1位】氷見回転寿司 粋鮨(富山県)「寒ブリ富山海幸盛り」1,500円

ご当地回転すしの宝庫、北陸のお店です
ご当地回転すしの宝庫、北陸のお店です

筆者のなかでダントツの1位はコレ! 富山湾が誇る冬の味覚、「氷見(ひみ)の寒ブリ」「カニ」「白エビ」が一度に味わえる、お得感満載の一品です。

大きな甲羅の中には、カニのつめ、カニのほぐし身、白エビ、漬けダレにくぐらせたブリがのっていて、甲羅の下にはたっぷりのカニの身と米。ネタの味わいを存分に堪能して!

ブリのタレがめちゃくちゃウマかった
ブリのタレがめちゃくちゃウマかった

“デカ盛り寿司”たち、いかがだったでしょうか。ほかにも、富士山に見立てて山のように盛り付けられた「穴子とウナギのフジヤマ盛」(回し寿司 活)、華やかな「蟹と京漬物のばら寿司」(廻転寿司CHOJIRO京都)など、9店17品と、特別参加の1店1品、計18品が用意されています。気になるものは早めにゲットしてくださいね!

食券制です
食券制です

同イベントではこのほか、「ご当地どんぶり選手権」「イケ麺スタンプラリー」「ご当地スイーツストリート」「絶品!逸品!ちょいのせ市場」など、バラエティ豊かなテーマのエリアが設けられています。

いうまでもなく、全部食べるなんて不可能なので、公式サイト等でしっかりと販売メニューの予習をしておくことを、強く、強く、オススメします!

2年連続金賞受賞、濃厚な卵がたまらない「名古屋コーチン親子丼」
2年連続金賞受賞、濃厚な卵がたまらない「名古屋コーチン親子丼」


ずっと食べたいと思っていた「熱めし丼」(寒ブリの漬け丼)、半分食べたらだし茶漬けにしてくれます!
ずっと食べたいと思っていた「熱めし丼」(寒ブリの漬け丼)、半分食べたらだし茶漬けにしてくれます!

[イベント概要]
ふるさと祭り東京2016
期間:1月8日~1月17日 会場:東京ドーム
開催時間:8日 11時~21時、9~11日 10時~20時、12日 10時~19時、13~15日 10時~21時、16日 10時~20時、17日 10時~18時
入場料:当日券1,600円、イブニング券1,100円(16時から有効)、平日限定当日券1,300円