今日はなんだか、がっつり肉を食べたい気分だ。そんなことを思っていたら、ロッテリアの新作「黒毛和牛ハンバーグステーキバーガー(ダブルトリュフソース)」が発売されたことを思い出した。

こいつが発売されたのか...
こいつが発売されたのか...

ふと気がつくと、ロッテリア渋谷店の目の前まで来ていた。無意識のうちに足が勝手に店へと向かっていたようだ。

ということで、さっそく今日発売の「黒毛和牛ハンバーグステーキバーガー(ダブルトリュフソース)」を買ってみた。単品価格はなんと1,000円。ハンバーガーにしては強気の価格設定だが、その味は果たして...?

早くも箱からいい匂いが
早くも箱からいい匂いが

■食べてみた

早くも、箱の中から魅惑的な香りがあふれ出ている。フタを開けてみると...

パンと肉だけ!
パンと肉だけ!

分厚いパティがバンズにサンドされた黒毛和牛バーガーが登場!パティには白いトリュフソースがとろりと乗っている。


黒毛和牛を使ったパティは非常に分厚く、4センチはある。普通のハンバーガーのパティが約1センチとして、その4倍の厚さということだ。手に持つとずっしり重く、女性は両手で持って食べた方が(見た目もかわいくなるので)良いかもしれない。

見よ、この分厚いパティを!
見よ、この分厚いパティを!

パティは柔らかいが、最後に程よいひき肉の歯ごたえも残る。噛めば噛むほど牛肉の旨みが感じられて美味だ。

黒毛和牛バーガーには2種類のトリュフソースが使われているが、筆者個人的にはパティの上にかかっている白いクリームソースの方が好きだ。なめらかな舌触りで、上品なトリュフの香りがしっかりと感じられる。こんな贅沢なハンバーガー、今まで食べたことあったろうか。この一口一口が、100円くらいするんだろうな...

■1個1,000円だけど、財布のひもが緩くなるおいしさ

1個1,000円という価格設定に最初は驚いたものの、食べてみると確かに納得。このボリュームと贅沢づくしの素材で胃袋を満たしてくれるなら、アリだ。

満足してふとカレンダーに目をやると、今日は11月29日...『いい肉の日』だった。どうりで肉が食べたくなるわけだ。

現在、黒毛和牛バーガーは、ロッテリア各店で数量限定で販売中。ちょっと贅沢がしたいとき、突然がっつり肉を食べたい衝動に駆られたときは、ぜひ黒毛和牛バーガーを試してみてほしい。