「~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ」は、ミジュレを使って作られた“お米のアイス”

お米をゼリー状に加工したミジュレ(米ゲル)。ご飯食としてのお米の消費量が減っている昨今、ミジュレはお米の新しい活用法として注目されています。

「~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ」は、そんなミジュレを使って作られた“お米のアイス”。通常、アイスクリームは生クリームなどの乳脂肪分を使用することでなめらかさをだしていますが、この商品は乳脂肪分の代わりにミジュレを使っています。そうすることでアイスの“まったり・とろーり食感”を損なうことなく、カロリーを抑えてヘルシーに仕上げられるのだとか。現在作られているフレーバーは「プレーン」、「焼き芋」、「抹茶」の計3種。今回は実際に「プレーン」と「焼き芋」を食べてみました。

「~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ」は、ミジュレを使って作られた“お米のアイス”
~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ

■プレーン
「プレーン」はほんのり甘いミルクアイス。原材料は、牛乳、砂糖、お米、脱脂粉乳です。一般的なアイスに比べて口当たりがなめらかで、まるでお餅とミルクアイスを同時に味わっているかのような食感とコクが楽しめます。後味はさっぱりとしており、とても食べやすい一品です。

「~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ」は、ミジュレを使って作られた“お米のアイス”
「プレーン」

「~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ」は、ミジュレを使って作られた“お米のアイス”
ほんのり甘い

■焼き芋
「焼き芋」は濃い芋の甘みがしっかりと感じられるアイス。粉末状にした焼き芋粉のほかに、牛乳、砂糖、お米、脱脂粉乳が使われています。こちらもなめらかな口当たりで、プレーンに比べて甘みが強く食べ応えがあり、食後に満足感・満腹感が残るような仕上がりになっています。

「~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ」は、ミジュレを使って作られた“お米のアイス”
「焼き芋」

「~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ」は、ミジュレを使って作られた“お米のアイス”
しっかり焼き芋の味がします

お餅とアイスを同時に食べたような食感が楽しめる、お米でつくったアイス「~お米を愛す(アイス)~ ミジュレ」。食べてみたい方は茨城県つくば市にある「みずほの村市場」へ行ってみましょう。在庫がある際は、その場で購入できます。