松屋の「魯肉飯」

松屋で、「魯肉飯」が9月13日午前10時に発売されます(一部の店舗を除く)。「魯肉飯コンボ牛めし」「魯肉Wコンボ牛めし」「魯肉コンボ牛めしわくわくセット」もラインナップ。

松屋 魯肉飯

シュクメルリやカチャトーラなど、世界の味を日本のごはんに合うようアレンジして開発に挑戦し続けている松屋から、台湾の代表的な料理「魯肉飯」が登場。今回は店舗で働く従業員からの提案を採用し、商品化が実現しました。

松屋の「魯肉飯」

松屋の「魯肉飯」は、ダイス状にカットした豚バラ肉を甘辛の特製ダレでとろとろになるまで煮込んでおり、煮汁とごはんが相性抜群。同社製(沖縄除く)の味付け玉子でまろやかに、山椒でピリっと風味をプラスしながら楽しむことができます。価格は680円(店内・持ち帰り同一の税込価格、以下同じ)。

魯肉飯コンボ牛めし

魯肉Wコンボ牛めし

豚肉の旨味だけでなく牛も一緒に味わいたい人向けに「魯肉飯コンボ牛めし」(680円)も用意されています。魯肉をダブルに増量した「魯肉Wコンボ牛めし」(950円)も販売。

松屋「魯肉飯コンボ牛めし」

新発売を記念して「魯肉飯」「魯肉コンボ牛めし」「魯肉Wコンボ牛めし」を注文した人を対象に、9月20日午前10時までライス大盛が無料サービスされます。

魯肉コンボ牛めしわくわくセット

魯肉飯、生野菜に加えて「すみっコぐらしオリジナルグッズ」が付いたセット。価格は780円。

松屋「魯肉コンボ牛めしわくわくセット」

※ 持ち帰りにみそ汁は付きませんが、別途60円で購入できます。