崎陽軒「七夕弁当」

崎陽軒から「七夕弁当」が登場します。神奈川エリア約100店舗と東京エリアの一部店舗で予約受付中で、7月5~7日に引き渡されるほか、同期間に店神奈川、東京エリアの一部店舗で予約なしの店頭販売も行われます。販売価格は1,300円(税込)。

崎陽軒 七夕弁当

崎陽軒「七夕弁当」

主食の「牛肉ちらし寿司」はトッピングに牛肉しぐれ煮、きぬさや、とびこ、蓮根の酢漬け、錦糸玉子、白ごまが用いられた一品。見ためにも華やかな、食べ応えもある仕立てとされています。

惣菜の「オクラと春雨の天の川サラダ」は七夕の夜空に浮かぶ星と天の川が、オクラと春雨であらわされています。出汁とごま油を味のアクセントに、つるっとした食感が堪能できるとされています。さらに「星形しんじょ煮」「星形人参煮」は七夕の夜空に浮かぶ星をかたどった優しい味わいの煮物で、かわいらしい見ための彩りになっています。

これに加え「海老のアーモンド揚げ」は海老をアーモンドスライスの衣で揚げられた一品で、ぷりぷりの海老と香ばしい変わり衣が特徴です。「いかと帆立とアスパラガスのレモンマリネ」は名前の通りいか、帆立、アスパラガスがすっきりとしたレモンで味付けされています。

このほか定番の「昔ながらのシウマイ」も3個入れられていて、豚肉と干帆立貝柱の豊かな風味がひと口サイズで味わえます。また箸休めにきゅうりと大根の漬物「さっぱりしば漬け」も詰められています。

甘味は「笹団子」。笹の葉で包まれた、七夕らしいデザートで、ほどよい甘みと笹のさわやかな香りですっきりと楽しめるとされています。