スターバックスのアイスビバレッジの蓋なし提供

スターバックス コーヒー ジャパンは、店舗から出る廃棄物をさらに削減するため、店内のアイスビバレッジをリッド(蓋)なしで提供する取り組みを6月13日より全国の店舗へ拡大します。

スターバックス アイスビバレッジをリッド(蓋)なしで提供

店内利用でアイスビバレッジを注文した際、リッド(蓋)なしで提供する取り組みは、東京や神奈川、大阪などの計113店舗で先行導入。横浜市内の店舗では店内利用者の約半数がリッド(蓋)なしを選択するなど、多くの人に賛同されました。

スターバックスのアイスビバレッジの蓋なし提供

今回、全国の約1,700店舗に拡大することで年間約100トン(2022年4月18日~5月22日の期間、先行導入113店舗で実施した際に得られたデータに基づく予測数値)のプラスチック削減効果を見込みます。スターバックスがグローバル、および日本で掲げる、2030年までに廃棄物を50%削減するという目標に向け、この取り組みと共に、店内でのマグ・グラス提供の推奨、マイタンブラー利用促進など多様な選択肢を提案し、使い捨て資材削減の歩みをさらに加速させます。

スターバックスのアイスビバレッジの蓋なし提供

プラスチック素材や使い捨て資材削減を目指す主な取り組みは以下の通り。

FSC認証紙ストローを導入

2020年1月より、FSC(R)認証紙ストローを段階的に導入し、現在は国内全店舗で提供。年間2億本のストローの削減を見込みます。

スターバックスのFSC認証紙ストロー

※ スターバックスはFSC(R)ライセンスナンバー、FSC(R) N002500を取得しています。

ペーパーカップ ストロー不要リッド(蓋)提供

2021年2月より、国内店舗で2種計3品目を使い捨てプラスチックに代わり、紙カップとストロー不要リッド(蓋)で提供。2021年4月、対象を23品目へ拡大し、6,700万杯分の資材削減を見込みます。

スターバックスのペーパーカップのストロー不要リッド(蓋)提供

国内106店舗 樹脂製グラス提供

2022年4月より、フラペチーノなどのアイスビバレッジを店内利用時、樹脂製グラスでの提供を国内106店舗で試験導入。現在も実施中です。

スターバックスの樹脂製グラス