森永製菓「ピンクの小枝」

森永製菓のロングセラーチョコレート「小枝」から、「ピンクの小枝」が1月25日に発売されます。3月末までの販売予定。

ピンクの小枝

「ピンクの小枝」は、ラズベリーのパウダーとクランベリーの果汁パウダーを使用。甘酸っぱく濃いベリーの味わいが楽しめる新商品です。チョコとパフとビスケットのコンビネーションが絶妙で、サクサクとまらない美味しさ。

森永製菓「ピンクの小枝」

パッケージは、可愛らしいピンクカラーをベースに小枝らしい素材感のあるデザイン。華やかな小枝はバレンタインデーのプレゼントなどにもぴったりです。内容量44本(4本×11袋)、価格は194円(税込)。内容量116gの「ピンクの小枝 ティータイムパック」はオープン価格。

森永製菓「ピンクの小枝 ティータイムパック」

小枝

1971年に発売された「小枝」。当時は高度経済成長の影で環境破壊が進行し、世間も自然環境に目を向けるようになった頃。“高原の小枝を大切に”と自然の大切さを訴えるTVCMと共に発売されました。

約半世紀の時を経て、社会問題が多様化した昨今。環境負荷に配慮したパッケージや、カカオ生産者の支援に繋がるチョコレートを採用するなど、できることから少しずつ未来のために取り組んでいます。