ロッテ「桔梗屋監修 雪見だいふく×桔梗信玄餅」

発売40周年のロッテ「雪見だいふく」ブランドから、山梨銘菓「桔梗信玄餅」とコラボレーションした「桔梗屋監修 雪見だいふく×桔梗信玄餅」が1月25日にコンビニエンスストアで先行発売されます。

桔梗屋監修 雪見だいふく×桔梗信玄餅

明治22年創業の桔梗屋が製造・販売する山梨銘菓「桔梗信玄餅」と「雪見だいふく」が初めてコラボレーション。「桔梗信玄餅」の味わいをイメージし、とろっとした黒蜜ソースを、きな粉アイスと冷凍されていてもやわらかいきな粉もちで包んだ特別な「雪見だいふく」に仕上げられています。

ロッテ「桔梗屋監修 雪見だいふく×桔梗信玄餅」

「桔梗信玄餅」を再現するため、おもちは“厚もち”仕立て。「雪見だいふく」と「桔梗信玄餅」ならではの“おもち”のおいしさを楽しめます。

種類別名称はラクトアイス。内容量は94ml(47ml×2個)。想定価格は194円(税込)。

桔梗屋

明治22年創業、山梨県を代表する老舗和菓子屋。“ふるさとの味”をコンセプトに、手作りの味わいにこだわっています。多くの人に愛される「桔梗信玄餅」は“武田菱”の模様が入った風呂敷に包まれており、香ばしいきな粉がまぶされたお餅に、たっぷりの黒蜜をかけて食べる看板商品。一度食べたらやみつきになる美味しさです。