ファミマとローソン「台湾カステラ」

ファミリーマートとローソンから販売されている「台湾カステラ」を食べ比べてみました!ファミマ「クリームと味わう台湾カステラ」、ローソン「台湾カステラ」の違いは?

まずはふたつを並べて見比べてみました。サイズはローソンの台湾カステラの方が大きめ。ローソンは紙製のケースに、ファミマはプラスチックケースに入っています。

ファミマとローソン「台湾カステラ」

ファミマ「クリームと味わう台湾カステラ」

ファミマから販売されている「クリームと味わう台湾カステラ」は、玉子感のある生地と、やさしい甘味のホイップクリームが楽しめる一品。販売価格は218円(税込、以下同じ)。

ファミマ「クリームと味わう台湾カステラ」

台湾カステラというと、揺するとプリンのようにプルプルに震えるものもありますが、ファミマのものはもう少しカステラ寄りという印象です。生地はやや密度があり甘めな仕上がり。クリームはコクがありますがクド過ぎず、生地との相性も○。時折感じるシャリっとした食感は、表面に振り掛けられた粉糖かな?全体的に「台湾カステラ」というより、シンプルな洋菓子という印象が強めでした。

ローソン「台湾カステラ」

ローソンから販売されている「台湾カステラ」は、別立てのメレンゲを配合し、じっくり湯煎で焼き上げたふわしゅわ生地に、北海道産生クリームと牛乳を配合した口どけスッキリのミルク感のあるクリームをサンドしたもの。価格は230円。

ローソン「台湾カステラ」

まず驚いたのが、生地のふわしゅわ感!「台湾カステラ」と聞いてイメージする「ぷるっ」「しゅわっ」とした生地の食感が存分に楽しめます。ミルキーで乳のコクが感じられるクリームはまろやかで美味。しゅわっとエアリーな生地との相性もばっちりです。ふわっと軽い食べ心地で、あっという間に完食できちゃうのが怖い…!

おすすめは?

どちらもそれぞれ違った美味しさがありますが、筆者がおすすめするのはローソン!ふわふわ生地が好きな方にはぜひ試してみて欲しい一品です。台湾カステラ好きさんは2品を食べ比べてみても楽しいですよ。