マクドナルド「おもちゃリサイクル2021」

マクドナルドは、遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃを全国の店舗で回収し、リサイクルするおもちゃリサイクルプロジェクトの実施継続を決定。「おもちゃリサイクル2021」として、おもちゃの回収が3月19日から開始されます。

このプロジェクトは、ハッピーセットを年間約1億食販売しているマクドナルドが、持続可能な社会の実現に貢献する活動として2018年から実施。3年目となる2020年は、約270万個のおもちゃが回収されました。このおもちゃは今後、リサイクルトレイなどに再生される予定。

従来は紙製の回収ボックスを各店舗に設置していましたが、今回はプロジェクトで回収されたおもちゃからリサイクルされた “おもちゃの回収ボックス” を全店舗に順次設置。回収されたおもちゃの未来の姿をイメージできるBOXで、おもちゃリサイクルが楽しく、思い出に残る体験となることが期待されています。

マクドナルドのおもちゃの回収ボックス

持続可能な社会の実現に一層貢献するため、今回からは子ども達の長期休みに合わせた回収期間の設定を無くして通年実施に。いつでも全国のマクドナルド店舗でおもちゃをリサイクルできるようになりました。