キル フェ ボン「茨城県産“旭甘十郎”のタルト」

フルーツタルト専門店「キル フェ ボン」各店で、春の新作として「茨城県産“旭甘十郎”のタルト」が3月1日に発売されます。税込価格はピース669円、ホール(25cm)6,696円(カフェ利用の場合は税率が異なります)。

“旭甘十郎”は、水はけの良い火山灰土と、鹿島灘からの豊富なミネラルが特徴の茨城県鉾田市(旧旭村)で作られるさつまいも。150日間という長い期間に渡って畑で栽培し、定温貯蔵によって1か月以上熟成。さつまいものでんぷん質をゆっくりと糖化させることで、甘くて美味しいさつまいもに仕上げられます。徹底した栽培方法など厳しい条件を満たしたさつまいものみを、旭甘十郎ブランドとして出荷。

茨城県産“旭甘十郎”さつまいも

キルフェボンではそのままでも美味しい旭甘十郎を焼き芋にし、加工せずに皮ごとゴロっとタルトに使用。クッキー生地のタルトに、旭甘十郎をたっぷり使ったさつまいもペーストとカットした焼き芋、ふわふわのバニラクリームを合わせ、ホワイトチョコクランチと旭甘十郎のチップスがトッピングされています。

キル フェ ボン「茨城県産“旭甘十郎”のタルト」

旭甘十郎の濃厚な甘さを活かすため、砂糖の量を控えたバニラクリームを使用。ゲランドの塩を効かせたホワイトチョコクランチで味にアクセントを加えています。さつまいもとバニラの中に塩気が入ることで単調にならず、1ピースをぺろりと食べられるおいしさ。焼きたてのさつまいもにバニラアイスをのせたイメージで楽しめます。