“微アルコール”ビールテイスト飲料「アサヒ ビアリー」

アサヒビールから、“微アルコール”ビールテイスト飲料「アサヒ ビアリー」が登場。3月30日より首都圏・関信越エリアの1都9県で先行販売され、6月29日に全国で発売されます。

「アサヒ ビアリー」は、100%ビール由来原料ならではの麦のうまみとコクを実現した「アルコール度数0.5%」のビールテイスト飲料。“ビールのようなうまさ”を楽しめる、自分のペースでゆっくりお酒を楽しみたい人におすすめの“微アルコール”という新しいカテゴリーの炭酸飲料です。

仕込工程で香り豊かなコク深いビールを醸造した後、脱アルコール工程でアルコールを除去する製造手法を採用。ビール特有の「発酵由来の複雑な香気成分」を残しつつ、アルコール分だけをていねいに抜き取る蒸溜技術で、ビールらしい本格的な味わいに仕上げられています。

仕込工程では、ビール類製造で培った独自技術によってエキス分に含まれる糖を調節し、味わいの骨格やコクを担保。脱アルコール工程では、独自の低温蒸溜によってビール由来の香味を損なうことなくアルコールを分離させています。約3年半の開発期間に約100回の試験製造を繰り返すことで、アルコール度数0.5%の“微アルコール”でビールらしい麦のうまみやコクを楽しめる味わいが実現されました。

350ml缶入りで、想定価格は181円(税別)。先行発売エリアは、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・山梨県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県。