「明治 ザ・チョコレートメキシコホワイトカカオ」ほか3種

明治から「明治 ザ・チョコレートメキシコホワイトカカオ」など産地、発酵、焙炒(ロースト)の違いを体感できるチョコレート3種類が登場します。2021年1月より百貨店のバレンタイン催事などで取り扱われます。

想定価格はいずれも2,000円(税別)。カカオの豆からチョコレートにいたるのさまざまな工程にこだわられた「BEAN to BAR」のチョコレート「明治 ザ・チョコレート」シリーズの限定レーバー。

「楽しみながら知ってほしい」という主旨で教科書や辞書がイメージされたパッケージに仕立てられ、カカオに関する詳しい解説とともにチョコレートを味わえるようになっています。ひとくちサイズが個包装になっているので、複数人で楽しめます。

「明治 ザ・チョコレートメキシコホワイトカカオ」ほか3種

「明治 ザ・チョコレートメキシコホワイトカカオ」は5gの個包装20枚入りで、希少なメキシコホワイトカカオが100%用いられたダークチョコレート。カカオ70%でありながら苦味、渋みが少なく、ホワイトカカオならではのフルーティーかつナッティー&クリーミーな味わいが特徴です。

「明治 ザ・チョコレートメキシコホワイトカカオ」ほか3種

「ザ・チョコレート発酵アソート」は5gの個包装2種類が各15枚入り。それぞれ発酵日数の異なるドミニカ共和国産のカカオ豆が使われた2種類のチョコレートが詰め合わされていて、香りや味わいを食べ比べられます。

「明治 ザ・チョコレートメキシコホワイトカカオ」ほか3種

「ザ・チョコレート焙炒アソート」は5gの個包装2種類が各15枚入り。焙炒(ロースト)条件の異なるブラジル産カカオ豆が用いられた2種類のチョコレートが詰め合わされています。ロースト温度の差によって異なる香り、味わいを食べ比べられます。

「明治 ザ・チョコレートメキシコホワイトカカオ」ほか3種

販売場所はまず百貨店などの催事が予定されています。次の通りです。

・ サロン・デュ・ショコラ(第1弾)東京会場 2021年1月20~25日
・ 阪急うめだ本店 2021年1月20日~2月14日
・ ジェイアール名古屋タカシマヤ 2021年1月15日~2月14日

各会場にはミニチュアやパネル展示などでカカオ豆からチョコレートができるまでを解説する明治のブースも出展されます。

またオンラインストアでも取り扱われます。「Amazon.co.jp」「LOHACO」「楽天市場」を通じて2021年1月12日から販売されます。ただし「明治 ザ・チョコレートメキシコホワイトカカオ」が先行し、「明治 ザ・チョコレート発酵アソート」「明治 ザ・チョコレート焙炒アソート」は1月19日より登場します。