江崎グリコ「ビスコ」

1933年の発売から今年で87年になるロングセラーブランド「ビスコ」が、10月6日にリニューアル発売されます。「ビスコ」の大幅リニューアルは15年ぶりで、こどものすこやかな成長のことを考えて「素材」と「おいしさ」の“Wイノベーション”を実施。

「ビスコ」のクリームには、“おなかで目覚め、生きたまま腸まで届く”という特徴を持つスポロ乳酸菌を配合。今回のリニューアルでは、乳酸菌と乳酸菌をサポートする食物繊維を一緒に摂っておなかにアプローチする「シンバイオティクス」に注目し、新たに食物繊維を加えて乳酸菌と一緒に摂れるようにしました。

江崎グリコ「ビスコ」の乳酸菌

また、クリームを増量して“ビスコ史上最大のクリーム量”を実現。今までより更にサクッと香ばしく焼き上げたビスケットでクリームがサンドされています。ビスケットとクリームのバランスを見直すことによって、これまで以上に口どけの良さを楽しめるようになりました。※クリームの増加率はビスコ各種によって異なります

江崎グリコ「ビスコ」
左が従来品、右がリニューアル品