すき家「本格中華の豚角煮丼」

すき家の各店で、“横濱中華飯店シリーズ”から「本格中華の豚(とん)角煮丼」が9月30日に発売されます。「本場中国の味をとことん追求した」新メニュー。

“横濱中華飯店シリーズ”は、すき家の商品開発部門と、老舗中華料理店で30年間腕を磨き続けた本格中華シェフが手を組んで立ち上げた新シリーズ。シリーズ第1弾として登場する「本格中華の豚角煮丼」は、とろける食感の厚切り豚角煮と、シャキシャキ食感の白髪ねぎが組み合わされた商品です。

すき家「本格中華の豚角煮丼」

醤油ベースのタレを“中国3大名酢”の1つとして知られる鎮江香醋と、紹興酒で煮込み、味に丸みを持たせた豚角煮は、甘い香りの八角で香りにアクセントを加えて仕上げられています。また、コク深い豚角煮の下には針生姜入りの白髪ねぎを敷き、清涼感のあるシャープな辛みとさわやかな香りでさっぱりと味わえる仕立て。別添えのからしをつけて食べると、より豚角煮のうまみが引き立てられます。

価格は並盛650円、ごはん大盛680円、いずれも税込。テイクアウト用に「本格中華の豚角煮丼弁当」(並盛650円、税込)も用意されます。なおテイクアウトの場合、ウェブ予約が便利です。事前にウェブから注文することで、店頭で待たずに商品を受け取れるシステム。詳しくはすき家の公式サイトでご確認ください。