魔法びんのサーモスがコーヒーショップ「サーモス コーヒー トゥ ゴー」
「サーモス コーヒー トゥ ゴー」が登場します

魔法びんのサーモスが、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門コーヒーショップ「THERMOS COFFEE TO GO(サーモス コーヒー トゥ ゴー)」を立ち上げます。第1号店は東京「西新橋スクエア」で6月29日に、第2号店は東京「OOTEMORI」で7月10日にグランドオープンします。

魔法びんのサーモスがコーヒーショップ「サーモス コーヒー トゥ ゴー」
西新橋スクエア(出典:サーモス)

魔法びんのサーモスがコーヒーショップ「サーモス コーヒー トゥ ゴー」
OOTEMORI(出典:サーモス)

魔法びんのサーモスがコーヒーショップ「サーモス コーヒー トゥ ゴー」
店舗情報(出典:サーモス)

持ち帰り容器にマイボトルを使うことで、コーヒーの飲み頃温度が長持ちするだけでなく、使い捨て容器の排出量を削減する取り組み。また飲みたい量だけ無駄なく買える量り売りも利用できます。

注文はマイボトルが推奨され、できるかぎり使い捨てカップを用いないようになっています。なお店内では、コーヒーを入れるのに適したオリジナルタンブラーが販売されます。

魔法びんのサーモスのコーヒーショップ「サーモス コーヒー トゥ ゴー」
持ち帰り用タンブラー(出典:サーモス)

魔法びんのサーモスのコーヒーショップ「サーモス コーヒー トゥ ゴー」
タンブラー価格(出典:サーモス)

ただし紙製のテイクアウト用カップも用意され、有料(300ml・50円)で購入できます。FSC認証、フタも生分解性100%のユーカリパルプが使われるなど環境に配慮した素材。カップ1つにつき20円が世界自然保護基金(WWFジャパン)の自然保護活動のために使われます。

メニュー構成は2種類のオリジナルブレンドに加え、単一生産国の豆が使われ産地ごとの個性豊かな味わいが楽しめるシングルオリジンが用意されています。抽出はマシンではなく、専任のスタッフにより丁寧にハンドドリップされます。

魔法びんのサーモスのコーヒーショップ「サーモス コーヒー トゥ ゴー」
メニュー一覧(出典:サーモス)

ドリンクは全て200mlからの注文で、それ以上は100ml単位の量り売り制。通勤時など、毎日の利用に便利なサブスクリプション(定額)サービスも選べます。専用Webサイトから申し込みが可能。毎月の契約更新時に変更や解約が行えます。

魔法びんのサーモスのコーヒーショップ「サーモス コーヒー トゥ ゴー」
サブスクリプションサービス(出典:サーモス)