マリー焦がしキャラメル

森永製菓のビスケット「マリー」に、初のサブフレーバーが登場。「マリー 焦がしキャラメル」が2月4日より期間限定販売されます。価格は216円(税込)。

マリーは、1923年の発売以来100年近いロングセラーを誇るビスケット菓子。小麦の香ばしさとミルクの風味が感じられるシンプルな味わいが特徴です。赤色のパッケージが目印。

このマリーの史上初となるサブフレーバーが、今回登場する「焦がしキャラメル」。マリーにフランス産ロレーヌ岩塩とキャラメルを加え、香ばしくコクのあるリッチな味わいに仕上げられています。

通常マリーと同じ21位枚入り、想定価格は216円(税込)。販売予定は4月末まで。

また同時に「マリーで仕立てたマシュマロサンド」も発売。マリーを練り込みしっとりとした食感に仕立てたビスケットでミルク風味のマシュマロをサンドし、ビターチョコレートでコーティングしたものです。8個入り、想定価格は216円(税込)。無くなり次第終了となります。

マリーで仕立てたマシュマロサンド