松屋で肉量1.5倍の「豚肩ロースの生姜焼定食」
肉量1.5倍!

期間限定で肉量が1.5倍になった松屋の「豚肩ロースの生姜焼定食」を食べてきました。厚めのポークスライスとタマネギに生姜ダレがからむボリューム満点のメニューです。

松屋で肉量1.5倍の「豚肩ロースの生姜焼定食」

10月15日まで全国の松屋で開催中の「秋のお肉増量キャンペーン」でお肉が大盛になっているものです。価格は660円(税込)で、ご飯とみそ汁つき。主菜のお皿に生野菜も盛り合わせてあります。

深皿に入った生姜焼きはなるほど、たいへんな分量があります。ポークスライスはひときれひときれが大きく、厚みもあり、脂もしっかり入っていて、かじると肉汁がじゅわっと口の中にあふれます。すっきりした生姜の香りと、タマネギの甘みが肩ロースのうまみとよくあってご飯が進みます。

松屋で肉量1.5倍の「豚肩ロースの生姜焼定食」

生姜焼きは、同じ皿に添えてある生野菜と一緒に食べるのもなかなか乙です。ご飯は並盛だと、お肉を食べ終える前に先にお米の入った茶碗が空になってしまいがちなので、生野菜とバランスよく味わうのがお勧め。生姜ダレの味が濃いのでドレッシングなどはなくても十分楽しめます。お好みで一緒についてくるマヨネーズをつけて。

松屋で肉量1.5倍の「豚肩ロースの生姜焼定食」

8月に登場した「お肉どっさりグルメセット」は牛めしの具を3倍にしたメニューで、ビーフスライスを山ほど食べられましたが、こちらは豚肉を満喫できるセットでした。値段もグルメセットが900円越えだったのに比べると手ごろで、食欲の秋に高まった「肉欲」を簡単に満たせます。