崎陽軒「メガシウマイ弁当」
シウマイ8個に唐揚げ2個、鮪の漬け焼に厚焼き玉子に…

崎陽軒の「メガシウマイ弁当」が復活したので食べてきました。シウマイ8個に俵型ご飯が12個入ってとてもボリュームがあり、1人で食べきると意識がぼんやりするほどお腹いっぱいになります。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
掛け紙も新しく復活

価格は1,250円(税込、9月時点)。2017年に限定販売した際に反響を呼び、再販を希望する声が寄せられたものが特別な掛け紙をまとい、期間限定で復活したもの。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
まず箱が大きい

中身はというと俵型ご飯(小梅、黒胡麻)12個、昔ながらのシウマイ8個、鮪の漬け焼1きれ、かまぼこ1枚、鶏唐揚げ2個、厚焼き玉子1個、あんず1個。それに筍煮、切り昆布、千切り生姜がつけてあります。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
お箸やつまようじがついてきます

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
ぱかっ!

カロリーは合計1208kcal。大人の男性でも1食分には多すぎるように思いますが、購入したらその日のうちに食べきるのが推奨。あえて挑んでみました。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
ごはんみっしり

お弁当には醤油と辛子がついているのでそちらをお皿に出し、続いてシウマイを1個つまんでみます。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
まずお醤油と辛子を出して

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
シウマイから!いつも通りのおいしさ

いつも通り豚肉の香りが高い、崎陽軒らしい絶品のシウマイ。これが8個あればそれだけで十分ですが、次は唐揚げの味を見ます。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
次は唐揚げ!

唐揚げはクラシックな味つけで、お米のおかずとしてよく合います。唐揚げ1個につき俵型ご飯1個はいけそう。続いては鮪の漬け焼を試します。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
マグロの漬け焼。大ボリューム。

よく焼いてあって、固めの歯ごたえ。塩気も強いのですが、中はきれいな桜色をしていて、ちょっとハムかベーコンを連想します。サイズも大きいので、おかずとして俵型ご飯2個半はいけます。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
厚焼き卵はふんわり

厚焼き卵は甘くふんわりした食感で、箸休め用です。かまぼこはプリプリしてやはり塩気が強め。おかずとして俵型ご飯1個はいけます。あんずはやわらかく甘酸っぱく、しょっぱいおかずが続いたらこちらで落ち着けます。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
あんずはやわらかく甘酸っぱい箸休めに

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
筍煮は甘めの味つけ

筍煮も意外や甘めの味付けなので、塩気のあるおかずのあいまに少しずつ楽しむのがよさそう。切り昆布はうまみが濃く、千切り生姜はすっきりした酸味があるので、ご飯のおかずとしても、シウマイをつまむ合間に味を変えるのにも最適です。

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
切り昆布はうまみが強い

崎陽軒「メガシウマイ弁当」
千切り生姜はさわやかな酸味

俵型ご飯は5、6個までは楽々とお腹に収まりますが、その先はスポーツのあとなどでお腹がぺこぺこではないとちょっと大変。1人で完食すると、あとから満腹感で意識がすこしもうろうとしてきます。だいたい2、3人ぐらいで分けるとちょうどよいので、家族とシェアするのが一番よさそうです。